TOP >> BLOG >> リバーサリング!!!BLOG

【Jiu Jitsu Priest CUP 2013】黒帯&茶帯の試合

本日はアダルト黒帯で唯一組まれたペナ級の試合、マスター黒帯の試合、そしてアダルト茶帯の試合模様をお届けしたいと思います。

アダルト黒帯はペナ級のみエントリーがあり、加古選手とチャールズ選手のワンマッチ決勝になりました。

そしてマスター黒帯はペサード級で2009年のイサミ杯以来の試合復帰となる片岡選手と2010年にパン選手権シニア3黒帯メイオペサード級優勝の新川選手のワンマッチ!

アダルト茶帯はプルーマ級で4名がエントリー、アブソルート級はワンマッチ決勝となりました。

それでは早速試合の様子を御覧ください!


IMG_7344
<アダルト黒帯ペナ級決勝戦>
加古拓渡(GSB)
VS
チャールズ・ガスパー(IMPACTO BJJ)
当初はペナで組まれていたこの一戦ですが、チャールズが計量オーバーだったため、
加古選手がレーヴィでいい、と譲歩しての試合実現です。


IMG_7351
加古選手はベリンボロで下から揺さぶりをかけます。

IMG_7353
対するチャールズ選手はじわじわとパスガードのプレッシャーをかけていきます。

IMG_7386
加古選手がスイープで先制し、その後もスイープを決めます。

IMG_7412
チャールズ選手も2ポイントを返したものの逆転ならず。
加古選手がポイント4-2で勝利!
ワンマッチ決勝を制しました。



アダルト黒帯レーヴィ級表彰台
優 勝 加古拓渡(GSB)
準優勝 チャールズ・ガスパー(Impacto BJJ)

IMG_6805
<マスター黒帯ペサード級決勝戦>
片岡誠人(リバーサルジム東京スタンドアウト)
VS
新川武志(吹田柔術)

IMG_6829
スイープを決めた片岡選手が先制!
終盤にはバックも奪いかけました。

IMG_6834
片岡選手がポイント2-0で勝利!



マスター黒帯ペサード級表彰台
優 勝 片岡誠人(リバーサルジム東京スタンドアウト)
準優勝 新川武志(吹田柔術)


IMG_7105
<アダルト茶帯プルーマ級一回戦>
金井学(グラスコ柔術アカデミー)
VS
橋本知之(徳島BJJ)
下下の展開からスタート。
橋本選手がアドバンテージで先制します。
が、金井選手がスイープを決めてポイントでリードを奪います。

IMG_7124
金井選手がポイント4-2で勝利!
決勝にコマを進めました。

IMG_7137
<アダルト茶帯プルーマ級一回戦>
物河祐亮(X-TREME柔術アカデミー)
VS
井上祐弥(パラエストラ上越)

IMG_7145
スイープ、パス、ニーオンを決めた物河選手がポイント7-0で勝利!
決勝進出です。

IMG_7278
<アダルト茶帯プルーマ級決勝戦>
物河祐亮(X-TREME柔術アカデミー)
VS
金井学(グラスコ柔術アカデミー)
昨年のJBJJF全日本選手権アダルト茶帯プルーマ級優勝の物河選手と昨年のムンジアル茶帯ガロ級3位の金井選手という好カード!

IMG_7288
お互いスイープし合う展開に。

IMG_7300
物河選手は試合終盤に肩固めを狙うなどしますが、金井選手は巧みなガードワークで決定的チャンスは与えません。

IMG_7304
金井選手がリードしたまま試合終了!
ポイント4-2で金井選手が優勝を果たしました!



アダルト茶帯プルーマ級表彰台
優 勝 金井学(グラスコ柔術アカデミー)
準優勝 物河祐亮(X-TREME柔術アカデミー)
3 位 井上祐弥(パラエストラ上越)、橋本知之(徳島BJJ)

IMG_7662
<アダルト茶帯アブソルート級決勝戦>
中村裕次郎(和術慧舟會駿河道場)
VS
井上祐弥(パラエストラ上越)
ペサディシモ級の中村選手とプルーマ級の井上選手の対戦は数十㎏の体重差があり、まさにアブソルート級に相応しいカードとなりました!


IMG_7690
試合は全くの五分の展開で進みます。
中村選手はパスガードの圧力をかけ、対する井上選手は下から膝十字などを狙っていきました。

IMG_7700
残り時間わずかのところで中村選手がアドバンテージを取得し、ポイント0-0、アドバンテージ1-0で勝利!
中村選手がワンマッチ決勝を制しました。


アダルト茶帯アブソルート級表彰台
優 勝 中村裕次郎(WK-Suruga)
準優勝 井上祐弥(パラエストラ上越)

 



▲PAGE TOP