TOP >> BLOG >> リバーサリング!!!BLOG

2013年1月アーカイブ


『COPA LasConchas 2013』
開催日:2013年3月10日(日)
9:45開場&計量開始 
10:00試合開始(予定)
主催:LasConchas/ミューズエンタープライズ
会場:台東リバーサイドスポーツセンター 柔道場
大会内容:帯色別・階級別の柔術オープントーナメント

出場費:
第一次締め切り(2/12)3000円
第二次締め切り(2/26)4000円
最終締め切り (3/4) 5000円
無差別級追加エントリー +1000円

最終締切日:3/4(月)必着

表彰:入賞者にメダル授与、優勝者にはlas Conchas&スポンサー商品贈呈

参加特典:スポンサー商品&柔術グッズが当たる抽選会

下記の項目を明記してメールにて出場申し込みをして下さい。 info@las-conchas.com

・ 氏名/性別 ・所属 ・帯 ・階級 ・年齢カテゴリー(アダルト・マスター・シニア1・2・3)

※アブソルートにエントリーする場合は、「アブソ出場」と明記してください。


今後の大会情報(エントリーリスト・選手集合時間など)は、随時このブログにて随時更新していきます。

大会参加者の方は必ずチェックするようにして下さい。

よろしくお願いします。


LasConchas/㈱ミューズエンタープライズ
担当:板橋
お問い合わせ先:03-5371-8980


日本唯一の柔術&グラップリング専門番組「橋本欽也の柔術プリースト」。

今日から配信開始したのは1/14に開催したJiu Jitsu Priest CUP 2013の中で行ったスーパーファイトの5vs5団体戦、チームYMDとドゥマウチャンピオンチームの対戦を見て頂きます!

なんと大会開催から1週間という過去最短での配信が実現です。

今大会はUstreamで生配信したのですが、今回配信するのは試合前後のインタビューを追加した編集版。

なのでUst配信とはまったくの別モノと言っていいでしょう。

もちろんUst配信版とは大幅に画質も向上してるので、見やすさも段違いです。

この中での注目ポイントは熱戦揃いだった試合はもちろんですが、ここではあえて試合以外の部分の見所を紹介します。

まず試合前のインタビュー。

ドゥマウチャンピオンチームは過去にもう何回もインタビューしてるのでインタビュー慣れしていて割と普通なのですが、チームYMDの面々はここぞとばかりにネタを仕込んできており、これが見事な滑りっぷりでした。

そしてメダルガールとして柔術プリーストのアシスタントでお馴染みのKNUから特別参加してくれた長澤ちはるさんに団体戦のラウンドガールをやってもらったのですが、不慣れなために早足だったり、プラカードの上げ具合が中途半端だったりと、ぎこちなさ全開!

まあその姿が初々しいっていえば聞こえはいいのですが、会場内がビミョーな空気になった場面をお見逃しなく!



今回は大会開催から1週間という過去最短での配信が実現した
記念すべき第1回目の柔術プリーストカップの団体戦です。
配信参加メンバーは左から〝ブス〟こと岩井洋一氏、
実況のセラチェン春山、そして橋本欽也に選手インタビュー担当の
湯浅麗歌子&内山裕規のアシスタントコンビ。



チームYMDの面々。
試合前のインタビューがある意味、一番の見所かも!



ドゥマウの大会優勝者のみで結成されたドゥマウチャンピオンチーム。
急造ではありますが、全員が黒帯というかなり強力なチームです。


ですが肝心の試合は折り紙つき!

試合内容はもちろんのこと、実況にセラチェン春山、解説に〝ブス〟こと岩井洋一氏が参加。

それに加えゲストで両チームの監督としてチームYMDには山崎剛氏、ドゥマウチャンピオンチームにはエジソン篭原が本部席から選手紹介&アドヴァイスを送るというかつてない方式で試合を盛り上げました。

先鋒戦の神田vs加古の帯色・階級を超えた戦い、次鋒戦の山田vs吉岡の初対決、中堅戦は黒帯デビュー戦の西林vs超新星・岩崎の緊張感ある初顔合わせが実現。

副将戦は色帯時代の激闘再び!の大塚vsチャールズ、そしてメインの大将戦は長年の練習仲間という互いに手の内を知り尽くしている者同士の中塚vs奥田の一戦で、どれも甲乙つけがたい好勝負の連続でした。

試合時間6分×5試合、完全ノーカットでお送りするプリーストカップの団体戦スーパーファイト、存分にお楽しみ下さい!


★#76はコチラから!



【新発売】
『橋本欽也の柔術プリースト Vol.2』
126分収録 3000円
★詳細&購入はコチラから!


★DVDプロモ動画はコチラから!


【発売中】
『橋本欽也の柔術プリースト vol.1』
DVD2枚組(119分+94分)
価格:3000円
■購入はコチラから!
■レビューはコチラから!

初開催のJiu Jitsu Priest CUP 2013、最後の試合レポートはアダルト紫帯です。

アダルト紫帯はアブソルート級を含めると6階級で熱戦が繰り広げられました。

この紫帯は現在の柔術シーンで最も活気があるといっていい激戦区のカテゴリー。

紫帯は総じて技術レベルも成熟しており、確固たる自分の試合スタイルを構築している選手も少なくありません。

今大会では福岡や熊本、愛知からはるばる遠征して試合に出場してきている選手もいて〝関東勢vs地方組〟という珍しい顔合わせも多く実現したのも見所の1つです。

それではアダルト紫帯の各階級の決勝戦を紹介します!


IMG_6877
<アダルト紫帯プルーマ級一回戦>
佐藤晶彦(トライフォース青山)
VS
山田大聖(RJJ)
パスガードを3回決めた佐藤選手がポイント9-0で勝利!

IMG_6942
<アダルト紫帯プルーマ級準決勝>
佐野光平(パラエストラ小岩)
VS
川野良(X-TREME柔術アカデミー海老名)
スイープを決めた佐野選手がポイント2-0で勝利

IMG_6975
<アダルト紫帯プルーマ級準決勝>
佐藤晶彦(トライフォース青山)
VS
頼藤暁(パラエストラ熊本)
まずはベリンボロからのレッグドラッグ、ニーオンの連携で頼藤選手が一挙7ポイントの大量リードを奪います。

IMG_6991
しかし佐藤選手はその後スイープを2回、バックを奪いポイントで逆転すると、フィニッシュは送り襟絞め!

IMG_7006
一本勝ちで佐藤選手が決勝戦にコマを進めました。

IMG_7194
<アダルト紫帯プルーマ級決勝戦>
佐藤晶彦(トライフォース青山)
VS
佐野光平(パラエストラ小岩)
開始早々ノンストップの攻防が繰り広げられると佐藤選手が腕を極めにいきます。

IMG_7203
アドバンテージ2-0から佐藤選手が腕十字で一本勝ち!

IMG_7008
<アダルト紫帯ペナ級準決勝>
川上智志(パラエストラ池袋)
VS
石田浩(頂柔術)
ポイント0-0、アドバンテージ1-1のレフリー判定で川上選手が勝利!

IMG_7052
<アダルト紫帯ペナ級
今泉貴史(アンプラグド国分寺)
VS
松本匡史(PUREBRED 川口REDIPS)
ポイント13-0で今泉選手が勝利!

IMG_7213
<アダルト紫帯ペナ級決勝戦>
川上智志(パラエストラ池袋)
VS
今泉貴史(アンプラグド国分寺)
昨年9月のDUMAUで一度対戦している両者。
その時は今泉選手が一本勝ちしています。

IMG_7225
しかし今回は川上選手が飛びつき三角から腕十字に移行して一本勝ちでリベンジ達成!
トーナメント優勝を果たしました。

IMG_7175
<アダルト紫帯ガロ級決勝戦>
坂本純(トライフォース柔術アカデミー)
VS
田中知希(パラエストラ千葉)

IMG_7180
坂本選手がパスガード、ニーオン、マウントを決めてポイント9-0で勝利!

IMG_7234
<アダルト紫帯レーヴィ級決勝戦>
ロジャー・ヴィア(トライフォース青山)
VS
鬼島有羽(DRAGON'S DEN)

IMG_7248
テイクダウン、パスガード、マウントでポイント9-0でロジャー選手の優勝

IMG_7252
<アダルト紫帯ペサード級決勝戦>
林祐典(AXIS福岡)
VS
小島健作(トラスト柔術アカデミー)

IMG_7266
共にスイープを決めてポイント2-2でしたが、林選手がアドバンテージ2つリードしていたため林選手が優勝!

IMG_7649
<アダルト紫帯アブソルート級決勝戦>
ヴィトー・メディロス(和術慧舟會駿河道場)
VS
小島健作(トラスト柔術アカデミー)
小島選手がテイクダウンで先制します。

IMG_7657
しかし直後にヴィトー選手がアキレスを極めて一本勝ちで優勝!
ヴィトー選手は決勝以外もアキレスで勝利しており、必殺技のようでした。

本日はアダルト黒帯で唯一組まれたペナ級の試合、マスター黒帯の試合、そしてアダルト茶帯の試合模様をお届けしたいと思います。

アダルト黒帯はペナ級のみエントリーがあり、加古選手とチャールズ選手のワンマッチ決勝になりました。

そしてマスター黒帯はペサード級で2009年のイサミ杯以来の試合復帰となる片岡選手と2010年にパン選手権シニア3黒帯メイオペサード級優勝の新川選手のワンマッチ!

アダルト茶帯はプルーマ級で4名がエントリー、アブソルート級はワンマッチ決勝となりました。

それでは早速試合の様子を御覧ください!


IMG_7344
<アダルト黒帯ペナ級決勝戦>
加古拓渡(GSB)
VS
チャールズ・ガスパー(IMPACTO BJJ)
当初はペナで組まれていたこの一戦ですが、チャールズが計量オーバーだったため、
加古選手がレーヴィでいい、と譲歩しての試合実現です。


IMG_7351
加古選手はベリンボロで下から揺さぶりをかけます。

IMG_7353
対するチャールズ選手はじわじわとパスガードのプレッシャーをかけていきます。

IMG_7386
加古選手がスイープで先制し、その後もスイープを決めます。

IMG_7412
チャールズ選手も2ポイントを返したものの逆転ならず。
加古選手がポイント4-2で勝利!
ワンマッチ決勝を制しました。



アダルト黒帯レーヴィ級表彰台
優 勝 加古拓渡(GSB)
準優勝 チャールズ・ガスパー(Impacto BJJ)

IMG_6805
<マスター黒帯ペサード級決勝戦>
片岡誠人(リバーサルジム東京スタンドアウト)
VS
新川武志(吹田柔術)

IMG_6829
スイープを決めた片岡選手が先制!
終盤にはバックも奪いかけました。

IMG_6834
片岡選手がポイント2-0で勝利!



マスター黒帯ペサード級表彰台
優 勝 片岡誠人(リバーサルジム東京スタンドアウト)
準優勝 新川武志(吹田柔術)


IMG_7105
<アダルト茶帯プルーマ級一回戦>
金井学(グラスコ柔術アカデミー)
VS
橋本知之(徳島BJJ)
下下の展開からスタート。
橋本選手がアドバンテージで先制します。
が、金井選手がスイープを決めてポイントでリードを奪います。

IMG_7124
金井選手がポイント4-2で勝利!
決勝にコマを進めました。

IMG_7137
<アダルト茶帯プルーマ級一回戦>
物河祐亮(X-TREME柔術アカデミー)
VS
井上祐弥(パラエストラ上越)

IMG_7145
スイープ、パス、ニーオンを決めた物河選手がポイント7-0で勝利!
決勝進出です。

IMG_7278
<アダルト茶帯プルーマ級決勝戦>
物河祐亮(X-TREME柔術アカデミー)
VS
金井学(グラスコ柔術アカデミー)
昨年のJBJJF全日本選手権アダルト茶帯プルーマ級優勝の物河選手と昨年のムンジアル茶帯ガロ級3位の金井選手という好カード!

IMG_7288
お互いスイープし合う展開に。

IMG_7300
物河選手は試合終盤に肩固めを狙うなどしますが、金井選手は巧みなガードワークで決定的チャンスは与えません。

IMG_7304
金井選手がリードしたまま試合終了!
ポイント4-2で金井選手が優勝を果たしました!



アダルト茶帯プルーマ級表彰台
優 勝 金井学(グラスコ柔術アカデミー)
準優勝 物河祐亮(X-TREME柔術アカデミー)
3 位 井上祐弥(パラエストラ上越)、橋本知之(徳島BJJ)

IMG_7662
<アダルト茶帯アブソルート級決勝戦>
中村裕次郎(和術慧舟會駿河道場)
VS
井上祐弥(パラエストラ上越)
ペサディシモ級の中村選手とプルーマ級の井上選手の対戦は数十㎏の体重差があり、まさにアブソルート級に相応しいカードとなりました!


IMG_7690
試合は全くの五分の展開で進みます。
中村選手はパスガードの圧力をかけ、対する井上選手は下から膝十字などを狙っていきました。

IMG_7700
残り時間わずかのところで中村選手がアドバンテージを取得し、ポイント0-0、アドバンテージ1-0で勝利!
中村選手がワンマッチ決勝を制しました。


アダルト茶帯アブソルート級表彰台
優 勝 中村裕次郎(WK-Suruga)
準優勝 井上祐弥(パラエストラ上越)

今大会の通常のトーナメントで行われたアダルト黒帯のアブソルートは3選手がエントリーしました。

階級別にエントリーするも対戦相手不在で試合が組まれなかったガロ級の吉岡崇人選手(徳島BJJ)とメジオ級の杉江〝アマゾン〟大輔選手(フリー)、そしてペナ級でワンマッチ決勝戦を制した加古拓渡選手(GSB)です。

当初は加古選手と杉江選手の一騎打ちになる予定でしたが、スーパーファイトの団体戦で敗北した吉岡選手が「わざわざ徳島から来てあの1試合のみで帰るワケにはいかない!」と急遽、アブソにもエントリー。

そこで3者の話し合いで組み合わせが決定。

1回戦は加古選手と杉江選手の対戦で、その勝者と吉岡選手が戦うことになりました。



試合開始直後に滑り込むようにしてガードに引き込む加古選手。


ハーフガードから得意の形に持っていこうとする加古選手。
対する杉江選手は態勢を低くし圧力をかけながらパスガード狙い。


巧みなガードワークに定評がある加古選手を基本通りの動きでパスガード!


そして一気にマウントポジションへ移行。


しばらく耐えた加古選手でしたが、あえなくタップアウト!


3:32、マウントからの十字絞めで杉江選手が一本勝ちです。


決勝戦はフェイントをかけた吉岡選手がテイクダウンで先制するも、
そこから腕を極めた杉江選手が秒殺勝利!
試合時間は0:38!


杉江選手が2試合連続の一本勝ちでアブソ優勝を果たしました!
2試合のトータル試合時間は4:10という早業でした。


アダルト黒帯アブソルート級表彰台
優 勝 杉江大輔(フリー)
準優勝 吉岡崇人(徳島BJJ)
3 位 加古拓渡(GSB)


杉江選手は試合当日の豪雪でかなり遅れての会場入りでしたが、
そんなことは問題にせず、相変わらずの極めの強さを見せつけました。
今後も積極的に試合出場していく意向の杉江選手の柔術本格復帰は
2013年の柔術シーンの大きな楽しみの1つです。
今後の活躍にも期待しましょう。

| トラックバック(0)

初開催されたJiu Jitsu Priest CUP、今大会の目玉の1つは、YouTube配信用のスーパーファイトとして行われた5vs5の団体戦です。

GRABAKA、グレイシーバッハ東京、デラヒーバジャパンの混成メンバーから成る「チームYMD」、そしてDUMAUの優勝経験者で編成された「DUMAU CHAMPION TEAM」の一騎打ち!

実況席には柔術プリーストのMC・セラチェン春山、解説は柔術新聞・ブス氏、チームYMD側のセコンドとして山崎剛氏、DUMAU CHAMPION TEAMのセコンドとしてはエジソン篭原氏を迎えての試合中継となりました。

両チームのメンバーをご紹介すると共に、5試合まとめて試合レポートをお届けします!

IMG_6483
チームYMD
写真左から山田秀之(デラヒーバジャパン)、西林浩平(GRABAKA柔術クラブ)、中塚靖人(グレイシーバッハ東京)、神田崇広(GRABAKA柔術クラブ)、大塚博明(GRABAKA柔術クラブ)

IMG_6499
DUMAU CHAMPION TEAM
写真左から、奥田照幸(X-TREME柔術アカデミー)、チャールズ・ガスパー(IMPACTO BJJ)、加古拓渡(GSB)、吉岡崇人(徳島BJJ)、岩崎正寛(TEAM HALEO)

IMG_6568
先鋒戦
神田崇広(チームYMD)
VS
加古拓渡(DUMAU CHAMPION TEAM)
茶帯の神田選手が黒帯の加古選手に挑むという構図になったこの試合。
まずは加古選手が引き込みます。


IMG_6601
そして加古選手がベリンボロで2ポイントを先制!

IMG_6609
さらにバックグラブも取得します。

IMG_6616
ポイント6-0で加古選手が勝利!
まずはDUMAU CHAMPION TEAMが1勝をあげます。

IMG_6630
次鋒戦
山田秀之(チームYMD)
VS
吉岡崇人(DUMAU CHAMPION TEAM)
まずは吉岡選手が引きこんでからスイープに成功し2ポイントを先取。

IMG_6640
しかし山田選手もスイープを仕返して同点に追いつきます。

IMG_6669
残り時間わずかのところでテイクダウンのアドバンテージを取得した山田選手がポイント2-2、アドバンテージを3-2で勝利!
チームYMDが1勝をあげて対戦成績1-1のイーブンに。

IMG_6672
中堅戦
西林浩平(チームYMD)
VS
岩崎正寛(DUMAU CHAMPION TEAM)
昨年末のDUMAU JAPAN CUP優勝で満を持しての黒帯昇格を果たした西林選手。
対するは、昨年IBJJFのアジア王者になった金古一朗選手を降している若き黒帯岩崎選手。
かなりの好カードが実現!


IMG_6680
ディープハーフガードからスイープのアドバンテージを得た岩崎選手。

IMG_6708
そのアドバンテージが決定打となり、ポイント0-0、アドバンテージ0-1で岩崎選手が勝利!
DUMAU CHAMPION TEAMが勝利し対戦成績を2-1とします。

IMG_6714
副将戦
大塚博明(チームYMD)
VS
チャールズ・ガスパー(DUMAU CHAMPION TEAM)
茶帯時代に対戦経験がある両者ですがチャールズが黒帯昇格を果たした今、こういうときでないと対戦するチャンスはありません。


IMG_6728
試合開始直後、大塚選手の引き込みに合わせてテイクダウンを仕掛けたチャールズが2ポイントを先制します。

IMG_6761
大塚選手もスイープなどでアドバンテージは取得したもののポイントには至らず。
ポイント2-0、アドバンテージ2-2でチャールズが勝利!
DUMAU CHMPION TEAMが対戦成績3-1として、対抗戦勝利を決定付けました。

IMG_6780
大将戦
中塚靖人(チームYMD)
VS
奥田照幸(DUMAU CHAMPION TEAM)
大将戦はGRABAKA柔術クラブ中村大輔選手が主催する通称「大輔練」で共に汗を流す両者の対戦となりました。


IMG_6786
お互い手の内を知っているのか拮抗した試合となりましたが、ポイント0-0、アドバンテージ0-1で奥田選手が勝利!
DUMAU CHAMPION TEAMが対戦成績4-1で優勝を果たしました!

IMG_6796
優 勝 DUMAU CHAMPION TEAM


国内トップ選手を集めた対抗戦は非常に見応えがありました。

次回はTEAM KEDYSON(山田悦弘選手、岡本裕士選手、塚田市太郎選手)を絡めた両チームとの対戦も見てみたいところです!

なおこの団体戦の模様は今週末に配信予定の柔術プリーストにて大特集しますので、そちらもお楽しみに!


1/14(月・祝)、東京・浅草の台東リバーサイドスポーツセンター柔道場で開催された「Jiu Jitsu Priest CUP 2013」の公式結果です。



スーパーファイト 5vs5 団体戦
優勝 DUMAU CHAMPION TEAM


準優勝 チームYMD


アダルト黒帯アブソルート
優 勝 杉江大輔(フリー)
準優勝 吉岡崇人(徳島BJJ)
3 位 加古拓渡(GSB)



アダルト黒帯レーヴィ級
優 勝 加古拓渡(GSB)
準優勝 チャールズ・ガスパー(Impacto BJJ)


マスター黒帯ペサード級
優 勝 片岡誠人(リバーサルジム東京スタンドアウト)
準優勝 新川武志(吹田柔術)


アダルト茶帯アブソルート
優 勝 中村裕次郎(WK-Suruga)
準優勝 井上祐弥(パラエストラ上越)


アダルト茶帯プルーマ級
優 勝 金井学(グラスコ柔術アカデミー)
準優勝 物河祐亮(X-TREME柔術アカデミー)
3 位 井上祐弥(パラエストラ上越)、橋本知之(徳島BJJ)


マスター茶帯ペナ級
優 勝 後藤貴史(吹田柔術)
準優勝 天満史郎(DRAGON'S DEN)

アダルト紫帯アブソルート級
優 勝 ヴィトー・メデイロス(WK-Suruga)
準優勝 小島健作(トラスト柔術アカデミー)
3 位 ロジャー・ヴィア(トライフォース青山)、川野良(X-TREME柔術アカデミー)

アダルト紫帯ガロ級
優 勝 坂本純(トライフォース柔術アカデミー)
準優勝 田中知希(パラエストラ千葉)
3 位 中村洋介(DRAGON'S DEN)、清水靖(ポゴナ・クラブジム)


アダルト紫帯プルーマ級
優 勝 佐藤晶彦(トライフォース青山)
準優勝 佐野光平(パラエストラ小岩)
3 位 川野良(X-TREME柔術アカデミー)、頼藤暁(パラエストラ熊本)

アダルト紫帯ペナ級
優 勝 川上智志(パラエストラ池袋)
準優勝 今泉貴史(アンプラグド国分寺)
3 位 石田浩(頂柔術)、松本匡史(PUREBRED川口REDIPS)


アダルト紫帯レーヴィ級
優 勝 ロジャー・ヴィア(トライフォース青山)
準優勝 鬼島有羽(DRAGON'S DEN)

マスター紫帯ペナ級
優 勝 遠山佳宏(トライフォース青山)
準優勝 小林幸夫(AXIS群馬)

マスター紫帯メジオ級
優 勝 丸山健(パラエストラ上越)
準優勝 新関洸太郎(AXIS横浜)


アダルト青帯アブソルート級
優 勝 リダ・ハイサム(アラバンカ柔術アカデミー)
準優勝 杉本寛樹(AXIS千葉)
3 位 岩井英治(ストライプル早稲田柔術アカデミー☆ヒルマ道場)、松本直行(GSB)

アダルト青帯ガロ級
優 勝 杉本寛樹(AXIS千葉)
準優勝 佐藤智彦(トライフォース新宿)
3 位 椎根大(ストライプル幕張)、宮国要(アラバンカ柔術アカデミー)


アダルト青帯プルーマ級
優 勝 松本直行(GSB)
準優勝 石井拓(Art Of Jiu-Jitsu)
3 位 萬治 邦行(トライフォース五反田)、石毛倫太郎(トライフォース青山)


アダルト青帯ペナ級
優 勝 佐藤翔太郎(パラエストラ上越)
準優勝 中澤雄仁(トライフォース青山)
3 位 岩井英治(ストライプル早稲田柔術アカデミー☆ヒルマ道場)、奥冨貴行(DRAGON'S DEN)

アダルト青帯レーヴィ級
優 勝 福岡直也(パラエストラ千葉)
準優勝 茨木大(DRAGON'S DEN)
3 位 西康之(トライフォース青山)

アダルト青帯メジオ級
優 勝 佐藤智彦(トライフォース五反田)
準優勝 大島将大(トライフォース青山)

アダルト青帯メイオペサード級
優 勝 早樋慎一(AXIS千葉)
準優勝 リダハイサム(アラバンカ柔術アカデミー)
3 位 サンプソン・モボソ(トライフォース青山)


女子アダルト青帯ペナ級
優 勝 湯浅志澄歌(ポゴナ・クラブジム)
準優勝 井上瑞樹(白心会)

マスター青帯アブソルート級
優 勝 中野幹徳(パラエストラ八戸)
準優勝 サンプソン・モボソ(トライフォース青山)
3 位 ルイス・クレベル・シムラ(WK-Suruga)、金子誠(X-TREME柔術アカデミー)

マスター青帯プルーマ級
優 勝 阿部章夫(トライフォース青山)
準優勝 中村宜夫(トライデントジム)

マスター青帯ペナ級
優 勝 吉沢寿雄(AXIS)
準優勝 金子誠(X-TREME柔術アカデミー)

マスター青帯レーヴィ級
優 勝 児玉和夫(トライフォース青山)
準優勝 大谷かずひろ(アラバンカ柔術アカデミー)
3 位 Luiz Kleber Shimura(WK-Suruga)、山田洋平(DRAGON'S DEN)

アダルト白帯アブソルート級
優 勝 金子大輝(PUREBRED川口REDIPS)
準優勝 佐々木亮(アラバンカ柔術アカデミー)
3 位 藤崎陽平(和術慧舟會高田馬場道場)、寿命英樹(ブラジリアン柔術スタジオパイシャオン)

アダルト白帯ガロ級
優 勝 中村匠吾(X-TREME柔術アカデミー)
準優勝 矢野健史(DRAGON'S DEN)

アダルト白帯プルーマ級
優 勝 谷岡信幸(ストライプル世田谷)
準優勝 植木健介 (パラエストラ上越)
3 位 桜澤喜之(いわきK-3)、生垣淳(パラエストラ渋谷)

アダルト白帯ペナ級
優 勝 金子大輝(PUREBRED川口REDIPS)
準優勝 藤崎陽平(和術慧舟會高田馬場道場)
3 位 寿命英樹(ブラジリアン柔術スタジオパイシャオン)

アダルト白帯メジオ級
優 勝 広瀬崚太(ノヴァウニオンジャパン)
準優勝 竹内 衛(トライフォース青山)

アダルト白帯メイオペサード級
優 勝 佐々木亮(アラバンカ柔術アカデミー)
準優勝 青木良輔(X-TREME柔術アカデミー海老名)

女子アダルト白帯プルーマ級
優 勝 竹下栞(DRAGON'S DEN)
準優勝 熊崎あゆち(GRABAKA柔術クラブ)
3 位 櫻井明子(DRAGON'S DEN)

マスター白帯アブソルート級
優 勝 高橋信人(アラバンカ柔術アカデミー)
準優勝 中出水譲(RJJ)


マスター白帯プルーマ級
優 勝 中出水譲(RJJ)
準優勝 可知陽一(Force-jjj)


マスター白帯ペナ級
優 勝 大野修司(X-tream柔術アカデミー 海老名)
準優勝 内藤大介(X-REME柔術アカデミー)
3 位 蒲雄三(トライフォース五反田)、田中明史(パラエストラ八王子)


マスター白帯メジオ級
優 勝 古川宗(トライフォース青山)
準優勝 山口祥平(アラバンカ柔術アカデミー)





★その他の表彰台画像はコチラから!


1/14(日)、東京・浅草の台東リバーサイドスポーツセンターで開催する「Jiu Jitsu Priest CUP 2013」の大会最終情報です。

今大会はまず最初に番組配信用のスーパーファイトとして団体戦を行います。

団体戦は9:45試合開始予定でUstreamの生配信は9:30頃からスタート予定です。

この団体戦の最中は配信&収録用の実況・解説を会場内に流して行います。

実況は柔術プリーストのMC・セラチェン春山、解説は柔術新聞・ブス氏、選手インタビューは湯浅麗歌子&内山裕規のアシスタントコンビです。

GRABAKA&グレイシーバッハ&デラヒーバの混成チームであるチームYMDとドゥマウで優勝経験がある選手のみで結成されたエリートチームの5vs5団体戦、白熱した戦いになること必至。

会場観戦はもちろん無料で、会場に来れない方はUstreamでご覧下さい!

★Ustreamの配信アドレスはコチラから、twitterのハッシュタグは#jiupriです。


団体戦優勝チームに贈られる優勝トロフィー。
クリスタル製の高級品!


そして団体戦が終了してから通常のトーナメントの試合開始となります。

通常のトーナメントのタイムスケジュールは以下の通りです。

9:30 選手集合&計量開始
10:30 試合開始予定

計量をパスしたから順に参加賞の卓上カレンダーとステッカーの受け取りをして下さい。

このステッカーがくじになっており、当たりが出ると協賛各社提供の柔術関連グッズがプレゼントされます。

その当選確率は約30%で3人に1人に何かしらが当たるという高確率設定となっています。



大会参加者全員に配布されるノベルティの卓上カレンダー。


裏面がくじになってる大会ステッカー。


試合は階級別の表彰式終了後に入賞者を対象にした無差別級のエントリーを開始します。

無差別級出場希望選手は追加参加費用1000円を持参の上、受付デスクまでお越し下さい。

大会に華を添えるメダルガールはKNUの長澤ちはるさんです。

長澤さんは過去に柔術プリーストにもアシスタントとして来てくれたことがあるので、知ってる方も多いのでは?!

入賞すれば現役アイドルのメダルガールからのメダル授与です。

ぜひ頑張って頂きたいと思います!

なおくれぐれもメダルガールにはお手を触れぬようお願いします。

すぐそばでマネージャー氏の目が光ってますので、ヘタなことすると大変なコトになりますので注意!



長澤ちはる(KNU)
★ブログはコチラから!


遂に明日大会当日を迎える記念すべき第1回のJiu Jitsu Priest CUP。

大会の様子は後日、柔術プリーストで配信しますので、そちらもお楽しみに!

1/14(月・祝)に東京・浅草の台東リバーサイドスポーツセンターで開催する『Jiu Jitsu Priest CUP 2013』のトーナメント表です。

試合順は当日発表になります。

大会当日のタイムスケジュールは以下の通りです。

選手集合・計量開始は9:30~、試合は10:30開始予定です。

チームYMDvsドゥマウ・チャンピオンチームの5vs5団体戦は9:45から開始予定です。

Ustも9:30頃から配信開始予定となっています。

Ustream配信アドレスはコチラから!

twitterのハッシュタグは#jiupriに設定しました。


【アダルト白帯&青帯】












【アダルト紫帯&茶帯】








【アダルト黒帯】


【女子】

※体重表記に間違いがあり、プルーマは53.5kg、ペナは58.5kg、メジオは69kgです。

【マスター】









1/14(月・祝)に東京・浅草の台東リバーサイドスポーツセンターで開催する『Jiu Jitsu Priest CUP 2013』のエントリーリストです。

■エントリーリスト/Athlete list(確定版)

【アダルト/ADULT】
■白帯/White belt

●ガロ/Galo
中村匠吾(X-TREME柔術アカデミー)
矢野健史(DRAGON'S DEN)


●プルーマ/Pluma
植木健介 (パラエストラ上越)
谷岡信幸(ストライプル世田谷)
生垣淳(パラエストラ渋谷)
末次隼斗(アラバンカ柔術アカデミー)
桜澤喜之(いわきK-3)


●ペナ/Pena
加藤欣吾(頂柔術)
内田邦彦(DRAGON'S DEN)
寿命英樹(ブラジリアン柔術スタジオパイシャオン)
藤崎陽平(和術慧舟會高田馬場道場)
金子大輝(PUREBRED川口REDIPS)


●メジオ/Medio
竹内 衛(トライフォース青山)
広瀬崚太(ノヴァウニオンジャパン)


●メイオペサード/Meio-Pesado
青木良輔(X-TREME柔術アカデミー海老名)
佐々木亮(アラバンカ柔術アカデミー)


■青帯/Blue Belt
●ガロ/Galo
佐藤智彦(トライフォース新宿)
杉本寛樹(AXIS千葉)
宮国要(アラバンカ柔術アカデミー)
高橋洋平(トライフォース青山)
椎根大(ストライプル幕張)


●プルーマ/Pluma
松本直行(GSB)
石井拓(Art of Jiu-jutsu)
萬治 邦行(トライフォース五反田)
石毛倫太郎(トライフォース青山)
関根元気(アラバンカ柔術アカデミー)
對馬進悟(ネイキッドマン柔術)


●ペナ/Pena
奥冨貴行(DRAGON'S DEN)
佐藤翔太郎(パラエストラ上越)
中澤雄仁(トライフォース青山)
岩井英治(ストライプル早稲田柔術アカデミー☆ヒルマ道場)


●レーヴィ/Leve
福岡直也(パラエストラ千葉)
茨木大(DRAGON'S DEN)
西康之(トライフォース青山)


●メジオ/Medio
大島将大(トライフォース青山)
佐藤智彦(トライフォース五反田)


●メイオペサード/Meio-Pesado
早樋慎一(AXIS千葉)
リダハイサム(アラバンカ柔術アカデミー)
サンプソン・モボソ(トライフォース青山)


●ペサディシモ/Pesadeisimo
村上太郎(和術慧舟會HEARTS)


■紫帯/Purple belt
●ガロ/Galo
川村正二(MAX柔術アカデミー&ヨガスタジオ)
関口晃弘(アンプラグド国分寺)
田中知希(パラエストラ千葉)
中村洋介(DRAGON'S DEN)
坂本純(トライフォース柔術アカデミー)
清水靖(ポゴナ・クラブジム)


●プルーマ/Pluma
佐藤晶彦(トラーフォース青山)
佐野光平(パラエストラ小岩)
頼藤 暁(パラエストラ熊本)
川野良(X-Treme柔術アカデミー海老名)
山田大聖(RJJ)


●ペナ/Pena
今泉貴史(アンプラグド国分寺)
川上智志(パラエストラ池袋)
松本匡史(PUREBRED川口REDIPS)
石田浩(頂柔術)


●レーヴィ/Leve
鬼島有羽(DRAGON'S DEN)
ヴィア ロジャー(トライフォース青山)


●ペサード/Pesado
小島健作 (トラスト柔術アカデミー)
林祐典(AXIS福岡)
Vitor Medeiros(WK-Suruga)


■茶帯/Brown belt
●プルーマ/Pluma
井上祐弥(パラエストラ上越)
金井学(グラスコ柔術アカデミー)
橋本知之(徳島ブラジリアン柔術)
物河祐亮(X-TREME柔術アカデミー)


■黒帯/Black belt
●ガロ/Galo
吉岡崇人(徳島ブラジリアン柔術)


●ペナ/Pena
加古拓渡(GSB)
Charles Gasper(Impacto BJJ)


●メジオ/Medio
杉江大輔(フリー)


【マスター/MASTER】
■白帯/White belt

●プルーマ/Pluma
可知陽一(Force-jjj)
中出水譲(RJJ)


●ペナ/Pena
蒲雄三(トライフォース五反田)
内藤大介(X-REME柔術アカデミー)
田中明史(パラエストラ八王子)
大野修司(X-tream柔術アカデミー 海老名)
高宮昭(パラエストラゴールドジム幕張)


●メジオ/Medio
古川宗(トライフォース青山)
山口祥平(アラバンカ柔術アカデミー)


●ペサディシモ/Pesadisimo
高橋信人(アラバンカ柔術アカデミー)


■青帯/Blue belt
●プルーマ/Pluma
阿部章夫(トライフォース青山)
中村宜夫(トライデントジム)


●ペナ/Pena
金子誠(X-TREME柔術アカデミー)
吉沢寿雄(AXIS)


●レーヴィ/Leve
Luiz Kleber Shimura(WK-Suruga)
山田洋平(DRAGON'S DEN)
大谷かずひろ(アラバンカ柔術アカデミー)
児玉和夫(トライフォース青山)


●ペサード/Pesado
中野幹徳(パラエストラ八戸)


■紫帯/Purple belt
●プルーマ/Pluma
小林幸夫(AXIS群馬)
遠山佳宏(トライフォース青山)


●メジオ/Medio
丸山健(パラエストラ上越)
新関洸太郎(AXIS横浜)


■茶帯/Brown belt
●ペナ/Pena
天満史郎(DRAGON'S DEN)
後藤貴史(吹田柔術)
福田堅志(ポゴナ・クラブジム)


●メジオ/Medio
広瀬岳平(ノヴァウニオンジャパン)
山守正明(PUREBRED大宮)


●ペサディシモ/Pesadisimo
Yujiro Baby Nakamura(WK-Suruga)


■黒帯/Black belt
●ペサード/Pesado
新川武志(吹田柔術)
片岡誠人(リバーサルジム東京スタンドアウト)


【女子/Female】
■白帯/White belt

●プルーマ/Pluma
櫻井明子(DRAGON'S DEN)
竹下栞(DRAGON'S DEN)
熊崎あゆち(GRABAKA柔術クラブ)


■青帯/Blue belt
●ペナ/Pena
井上瑞樹(白心会)
湯浅志澄歌(ポゴナ・クラブジム)


●メジオ/Medio
内山裕規(パラエストラ千葉)