TOP >> BLOG >> リバーサリング!!!BLOG

2012年11月アーカイブ


『Jiu Jitsu Priest CUP 2013』
開催日:2013年1月14日(月・祝)
Data:14/Janeiro/2013

9:00 開場&計量開始 
10:00 試合開始(予定)

Inicio da pesagem: 9:00/Inicio das lutas10:00

主催:Jiu Jitsu Priest CUP実行委員会
協力:DUMAU
協賛:ブルテリア、Las Conchas、㈱フルフォース、Scramble、KEDYSON、晋遊舎

会場:台東リバーサイドスポーツセンター
LOCAL: Tokyo - Taito River Side Center

大会内容:帯色別・階級別の柔術オープントーナメント(アダルト・マスター)
★今大会は柔術プリースト配信用に収録、大会当日はUstreamで生配信予定

CATEGORIA DE FAIXA: Branca, Azul, Roxa, Marron, Preta
CATEGORIA DE PESO: Galo, Pluma, Pena, Leve, Medio, Meio Pesado, Pesado, Super Pesado, Pesadissimo, Absoluto
CATEGORIA DE IDADE:Adulto,Master

出場費:4000円/無差別級追加エントリー +1000円
★無差別級は階級別で3位までに入賞した選手のみ出場可能

categoria de peso 4000yen
Categoria + Absoluto 5000yen


出場申し込み締め切り:1月7日(月)必着
★会場使用の都合で参加者が200人を超えた時点で締め切り前でも
出場申し込み終了となる場合があるので、ご注意下さい。

応募方法:メールで受付
アドレス:reversaling@gmail.com
※件名に「大会出場希望」と入れて以下の項目をもれなく明記してメールでお申し込み下さい。

名前:
所属:
帯色:
出場階級:
年齢カテゴリー:アダルト/マスター
出場費用の支払い方法:銀行振込/当日支払い

出場費のお支払い方法:
①銀行振込(口座は返信メールにて明記)
②当日お支払い(出場費+1000円)

お問い合わせ:
ミューズエンタープライズ(実行委員会・副委員長:板橋)
〒151-0053
東京都渋谷区代々木1-31-2 1F
TEL 03-5371-8980
FAX 03-5371-8981

COPA Las Conchasでは女子の試合も白帯のみですが数試合行われました。

この中で女子白ガロワンマッチ決勝戦はプロ女子格闘家のナナチャンチンこと市川奈々選手と山口友花里選手の一戦でした。

この両者は過去に女子総合格闘技ジュエルスのオープニングファイトでアマ総合ルールで対戦したことがあり、そのときは山口選手が腕十字で一本勝ちしています。

今回は2度目の対戦となりますが、過去の対戦のあとにナナチャンチンは生涯初勝利を挙げ大きく自信を付けました。

ですが山口選手も14歳という年齢ながらアダルトの試合に出て勝利したり、柔術のみならずキックでも活躍中と将来有望な選手。

ナナチャンチンのリベンジなるか、はたまた山口選手が返り討ちにするか?!

注目の一戦です。



女子白ガロ決勝戦
市川奈々(ジュエルス格闘技スタジオ@MUSE)
vs
山口友花里(白心会)
山口選手がナナチャンチンの引き込みに合わせて一気にサイドポジションへ。


そしてマウントに移行すると、そこからV1アームロックで一本勝ち!
ワンマッチ決勝戦を制して優勝しました。
ナナチャンチン、最近はマジメに練習に参加し着実に実力を付けていたのですが、
柔術初勝利&リベンジならず。


女子白帯ガロ級表彰台
優 勝 山口友花里(白心会)

アブソルート級には湯浅麗歌子選手の妹、湯浅志澄歌選手(ポゴナ・クラブジム)がエントリー。

湯浅志澄歌選手は現在高校3年生で柔道のクラブ活動を引退し、柔術に転向してきました。

まだ柔術の練習はそれほどしてないようですが柔道時代に鍛えた強靭なフィジカルを武器に柔術トーナメントでは現在負けなしの連勝中。

それも一本勝ちでの勝利でその強さはまだ底が見えてません。



女子白帯アブソルート級1回戦
湯浅志澄歌(ポゴナ・クラブジム)
vs
シェイナ・ルイス(Infight JAPAN)
パスガードし抑え込んだ状態からアームロックを極め一本勝利。


秒殺の一本勝ちで決勝戦進出です。


女子白帯アブソルート級決勝戦
湯浅志澄歌(ポゴナ・クラブジム)
vs
三木のぞみ(ヒロブラジリアン柔術アカデミー)
決勝は階級別のワンマッチ決勝戦を一本勝利で優勝した三木選手との対戦でした。


引き込んだ三木選手のガードをパスし最後は時計絞めで一本勝ち。


2試合連続の一本勝利でアブソ優勝。
東京オープン、ドゥマウジャパンオープンに続き3大会連続で優勝です。


女子白帯アブソルート級表彰台
優 勝 湯浅志澄歌(ポゴナ・クラブジム)
準優勝 三木のぞみ(ヒロブラジリアン柔術アカデミー)
3 位 シェイナ・ルイス(Infight JAPAN)


大会にエントリーするも対戦相手不在だったプロ選手、魅津希こと
井上瑞樹選手(白心会)は湯浅麗歌子選手とのエキシビジョンマッチ。
当初は互いに技を出し合うようなヌルめのエキシの予定でしたが
魅津希選手の希望でガチスパーに!


エキシは6分間ノンストップで白熱した攻防を展開。
素晴らしいエキシでした!


魅津希選手は大会にGirls S-cup 2012のチャンピオンベルトを持参。
また魅津希選手は11/23(金・祝)に静岡県浜松市で開催される「ブルテリアオープン2012」にも出場予定です。

紫帯アブソルート級は5名で優勝が争われました。

ペナ級で死闘を繰り広げた嶋田裕太選手とジエメルソン・ハッタ、レーヴィ級を優勝したアレッサンドロ・エトなど今大会ならずとも、各大会で優勝を含む好成績を収める選手たちがエントリーしてハイレベルなトーナメントになりました!

アブソのトーナメントは参加人数こそ少なかったものの、参加選手がみな実力者揃いのために熱戦に次ぐ熱戦で会場は大きな盛り上がりを見せ、特に嶋田裕太選手絡みの試合はどれも好勝負続きで嶋田選手の勝負強さとアグレッシブな試合運びは特筆モノでしした。

それでは試合の模様を御覧ください!

IMG_2336
エトの強固なガードワークにやや苦しんだものの、ポイント2-0で嶋田選手が勝利して決勝進出!

IMG_2340
一回戦
高尾明弘(トライフォース柔術アカデミー)
VS
ジエメルソン・ハッタ(オーバーリミットBJJ)
この対戦はアブソならではのかなりの体格差がある顔合わせとなりました。

IMG_2345
高尾選手がテイクダウンで先制!

IMG_2364
しかし、ここから持ち前の運動量を活かしジエメルソンが猛反撃!
スイープしてパスガードを決めるとそこから次々とポジションを奪ってポイントを重ねていきます。

IMG_2367
マウントも奪い一挙に大量得点のジエメルソン。

IMG_2374
ポイント20-2でジエメルソンが勝利!
まさに体格差を凌駕するという柔術を体現した試合をして準決勝進出を果たしました!

IMG_2458
準決勝
ジエメルソン・ハッタ(オーバーリミットBJJ)
VS
新関洸太郎(アクシス横浜)
1回戦シードの新関選手はこの試合がアブソ初戦。
初戦と同じくジエメルソンが軽快な動きでパスガード、スイープ、マウントなどポジショニングで圧倒します。


IMG_2469
試合時間5分過ぎにジエメルソンが十字絞め!

IMG_2479
これが極まって一本勝ちしたジエメルソンが決勝進出!

IMG_2534
決勝
嶋田裕太(NEXUSENSE)
VS
ジエメルソン・ハッタ(オーバーリミットBJJ)
階級別の試合でも対戦した両者。
その試合は嶋田選手がポイント7-0で勝利しています。

IMG_2539
階級別の時と同様、動きのある激しい試合展開となりました。

IMG_2544
スタンドでの攻防も両者一歩も引きません。

IMG_2549
しかし嶋田選手がテイクダウンからバックを奪い、ここから一気に試合が動いていきました。

IMG_2553
サイドから手首固めを仕掛ける嶋田選手。

IMG_2555
試合時間3:52で嶋田選手が一本勝ちで優勝!
ペナに続きアブソでも優勝し2階級制覇達成です。

IMG_2581
紫帯アブソルート級表彰台
優 勝 嶋田裕太(NEXUSENSE)
準優勝 ジエメルソン・ハッタ(オーバーリミットBJJ)
3 位 アレッサンドロ・エト(オーバーリミットBJJ)、新関洸太郎(アクシス横浜)

茶帯は一階級でワンマッチ決勝、紫帯はガロ級が3名エントリーしたものの、プルーマ級、レーヴィ級はともにワンマッチ決勝となりましたが、実力者ぞろいで非常に白熱した試合が繰り広げられました。

それでは早速試合の様子を御覧ください!


IMG_2138
茶帯メイオペサード級決勝戦
ファビオ・スガワラ(インファイトジャパン)
VS
田中誠(パラエストラ小岩)


IMG_2140
ファビオが開始直後に速攻で三角に捉えます。

IMG_2150
田中選手は三角をエスケープするもファビオはすかさず腕十字に移行。

IMG_2155
なんと15秒でファビオが一本勝ちでワンマッチ決勝を制しました!

IMG_1569
紫帯ガロ級
一回戦
坂本純(トライフォース柔術アカデミー)
VS
吉沢健太郎(パラエストラ川崎)
坂本選手はもともとプルーマ級で活躍していた選手ですが、最近ガロ級に階級転向。対する吉沢選手は今年のヒクソン杯をアダルト青帯ガロ級で優勝し、紫帯に昇格しエントリーしてきました。試合は引き込んだ吉沢選手に対し、坂本選手が上からアタックを仕掛ける展開に。

IMG_1589
坂本選手がパスガードを決めて、3ポイントを先制。

IMG_1603
ポイント3-0(A0-1)で坂本選手が勝利!

IMG_1745
紫帯ガロ級
一回戦
吉沢健太郎(パラエストラ川崎)
VS
八田亮(ストライプルオハナ)
紫帯ガロ級は3名エントリーのため三つ巴戦になりました。吉沢選手は勝って決勝に進出出来れば、坂本選手にリベンジのチャンスがあります。しかし相手は強豪八田選手。八田選手は紫帯ガロ級では国内トップの一角を担う選手です。来る11月23日にはZST本戦出場が控えています。

IMG_1762
動きを止めない八田選手。ガードが得意な吉沢選手に対し、パスガードを決めます。

IMG_1791
パスガードを2回決めた八田選手がポイント6-0で勝利し決勝進出!



IMG_1960
紫帯ガロ級
決勝戦
坂本純(トライフォース柔術アカデミー)
VS
八田亮(ストライプルオハナ)

IMG_1965
引き込んだのは八田選手。

IMG_2001
すぐさま波状攻撃を仕掛け、十字絞めなどを狙った後に三角絞め!

IMG_2028
三角は逃れた坂本選手ですが、八田選手は攻撃の手を緩めません。絞めに移行するとしばらく耐えた坂本選手も無念のタップアウト。

IMG_2032
試合時間は5:55でした。一本勝ちで八田選手が優勝!


IMG_2047
紫帯ペナ級
決勝戦
嶋田裕太(NEXUSENSE)
VS
ジエメルソン・ハッタ(オーバーリミットBJJ)

IMG_2061
ポジショニングでは嶋田選手が優位に試合を進めます。

IMG_2067
パスガード、スイープ、そして再びスイープを決めた嶋田選手。ジエメルソンは終盤反撃に転じますが万事休す。

IMG_2081
嶋田選手がポイント7-0で勝利!ワンマッチ決勝を制しました。

IMG_2090
紫帯レーヴィ級
決勝戦
新関洸太郎(アクシス横浜)
VS
アレッサンドロ・エト(オーバーリミットBJJ)
新関選手が引き込みます。

IMG_2107
普段は下のポジションが得意な印象のあるエトですが、トップからのプレッシャーも強烈で、じわじわとエトがパスガード!

IMG_2115
一本勝ちこそならなかったものの、ポイント5-0でエトが優勝!

IMG_2212
茶帯メイオペサード級表彰台
優 勝 ファビオ・スガワラ(インファイトジャパン)
準優勝 田中誠(パラエストラ小岩)

IMG_2201
紫帯ガロ級表彰台
優 勝 八田亮(ストライプルオハナ)
準優勝 坂本純(トライフォース柔術アカデミー)
3 位 吉沢健太郎(パラエストラ川崎)

IMG_2206
紫帯プルーマ級表彰台
優 勝 嶋田裕太(NEXUSENSE)
準優勝 ジエメルソン・ハッタ(オーバーリミットBJJ)

IMG_2210
紫帯レーヴィ級表彰台
優 勝 アレッサンドロ・エト(オーバーリミットBJJ)
準優勝 新関洸太郎(アクシス横浜)

COPA Las Conchas 2012で唯一組まれた黒帯の試合はスーパーファイトとして行われました。

この試合は黒帯プルーマでエントリーしていた佐藤和哉選手(パラエストラ八王子)でしたが、締切を過ぎても対戦相手不在のままでした。

そこに黒帯ペナでなら試合ができるという塚田市太郎選手(ダムファイトジャパン)の申し出を佐藤選手が快諾し、プルーマからペナに階級を上げて試合を行うことになったのです。

ただ佐藤選手からの提案が1つ。

「やるからには勝ちたいから6分で試合したい。試合時間が長くなると体格差で不利になるから」とのことで、これを塚田選手が承諾し、晴れて試合が組まれました。



黒帯スーパーファイト
佐藤和弥(パラエストラ八王子)
vs
塚田市太郎(ダムファイトジャパン)


試合開始直後にガードに引き込んだ佐藤選手。
塚田選手はパスガードのアタックです。


左右にフェイントをかけつつ絶え間なくパスガードを仕掛け続ける塚田選手。
佐藤選手は巧みなガードワークでパスはもちろんアドバンテージすら与えず鉄壁のディフェンス。


そのまま互いにノーポイント、ノーアドバンテージのまま試合終了。
甲乙つけがたい難しいレフェリー判定の試合は塚田選手の勝利に!


「本当に大変な試合でした。自分が勝ったのかわからないぐらい僅差でしたね。佐藤選手は思った通りに凄い選手でした。試合ができてよかったです。ガードが上手くて勉強になりました。機会があればまたやりたいです。」


黒帯スーパーファイト
勝者 塚田市太郎(ダムファイトジャパン)


11/11(日)、東京・代々木のミューズ音楽院本館で開催されたLasConchas/ミューズエンタープライズ主催『COPA LasConchas 2012』の主な結果です。



黒帯ペナ級
優 勝 塚田市太郎(ダムファイトジャパン)


茶帯アブソルート
優 勝 ファビオ・スガワラ(Infight JAPAN)


茶帯メイオペサード
優 勝 ファビオ・スガワラ(Infight JAPAN)
準優勝 田中誠(パラエストラ小岩)


紫帯アブソルート
優 勝 嶋田裕太(NEXSUSENSE)
準優勝 ジエメルソン・ハッタ(Over Limit BJJ)
3 位 アレッサンドロ・エト(Over Limit BJJ)、新関洸太郎(AXIS横浜)


紫帯ガロ
優 勝 八田亮(ストライプルオハナ)
準優勝 坂本純(トライフォース柔術アカデミー)
3 位 吉沢健太郎(パラエストラ川崎)


紫帯ペナ
優 勝 嶋田裕太(NEXSUSENSE)
準優勝 ジエメエルソン・ハッタ(Over Limit BJJ)


紫帯レーヴィ
優 勝 アレッサンドロ・エト(Over Limit BJJ)
準優勝 新関洸太郎(AXIS横浜)


青帯アブソルート
優 勝 チアゴ・シンカイ(ダムファイトジャパン)
準優勝 杉本寛樹(AXIS千葉)
3 位 林邦彦(パラエストラ小岩)、ナシモト・ジュン(Infight JAPAN)


青帯ガロ
優 勝 本間徹哉(RJJ)
準優勝 石塚健司(トライフォース新宿)


青帯レーヴィ
優 勝 山田敦(パラエストラ東京)
準優勝 ジアン東(Over Limit BJJ)
3 位 湯谷秀樹(AXIS)


青帯メジオ
優 勝 ナシモト・ジュン(Infight JAPAN)
準優勝 萩尾光丞(AXIS)
3 位 ディエゴ・ナカガワ(ダムファイトジャパン)、林邦彦(パラエストラ小岩)


白帯アブソルート
優 勝 ヴィニシウス・ブルート(Infight JAPAN)
準優勝 マウリシオ・ニシダ(ダムファイトジャパン)
3 位 ラウル・スズキ(ダムファイトジャパン)、マルセロ・ハマナカ(ダムファイトジャパン)


白帯プルーマ
優 勝 ルーカス中沢(Over Limit BJJ)
準優勝 高橋拓也(ストライプル取手)
3 位 ハシモト・ミツオ(Infight JAPAN)、幸田和也(パラエストラ綾瀬)


白帯ペナ
優 勝 論田愛空隆(ストライプルオハナ)
準優勝 須藤和茂(マスタージャパン)
3 位 黒沼宗孝(SSS)、アカシオ・サト(Infight JAPAN)


白帯レーヴィ
優 勝 福田洋一郎(パラエストラ小岩)
準優勝 アカシオ・サト(Infight JAPAN)


女子白帯アブソルート
優 勝 湯浅志澄歌(ポゴナ・クラブジム)
準優勝 三木のぞみ(ヒロブラジリアン柔術アカデミー)
3 位 シェイナ・ルイス(Infight JAPAN)


女子白帯ガロ
優 勝 山口友花里(白心会)


女子白帯ペナ
優 勝 三木のぞみ(ヒロブラジリアン柔術アカデミー)
準優勝 小幡祥子(パラエストラ八王子)


インファンティウ白/黄/橙帯プルーマ級
優 勝 新福京大(パラエストラ小岩)
準優勝 ヘナータ・ハルミ・シウバ(Infight JAPAN)


女子エキシビジョンマッチ
湯浅麗歌子(ポゴナ・クラブジム)

井上瑞樹(白心会)



Infight JAPAN


ダムファイトジャパン



Over Limit BJJ

★Las Conchasのブログはコチラから!

11/11(日)、東京・代々木のミューズモード音楽院本館にて開催するLasConchas/ミューズエンタープライズ主催『COPA LasConchas 2012』のトーナメント表&試合順です。



















★追加対戦カード
インファンティウ白/黄/橙帯プルーマ級
新福京大(パラエストラ小岩)
vs
ヘナータ・ハルミ・シウバ(Infight JAPAN)



会場への行き方。
JR代々木駅から徒歩1分!
※駐車場はないので車で来る場合は
近隣のコインパーキングをご利用下さい。



『COPA LasConchas 2012』
主催:LasConchas/ミューズエンタープライズ
協賛:Fighters shop Bullterrier、㈱フルフォース、Scramble、KEDYSON
日時:11/11(日)
10:00 選手集合/計量
11:00 試合開始(予定)
会場:ミューズモード音楽院本館(大江戸線&JR代々木駅・徒歩1分)
★行き方はコチラから!