TOP >> BLOG >> 女子総合格闘技『ジュエルス』公式BLOG

やんしい日記の最近のブログ記事

こんにちは、杉山しずかです。

約2ヶ月ぶりのやんしぃ日記は日本での柔術トレーニング日記第3弾!ということで、『やんしぃ日記 日本編~海外柔術家出稽古編&富田里奈選手特集~』をお送りします。

 水曜日は毎週12時から柔術スパーリングをリバーサルジムスタンドアウトでおこなっていますが、11月のその日は湯浅麗歌子選手からの連絡でわたしは、あるアメリカからの柔術家を駅まで迎えに行くことに!


Shawn Tamaribuchi 選手!
カリフォルニアでトレーニングする柔術茶帯で、写真家でもあり、スマックガールでも活躍していたMMAファイターでもあります。



スマックガールで岡田円選手と戦ったときのことも話してくれました。
みんながShawnとスパーリングしたがったので、昼の柔術スパーリングも多くこなし、その後グラップリングとMMAスパーリングまで全部で20本以上付き合ってくれました。
体中花札のタトゥーが入ったShawn。
外国の選手は日本人より面白いタトゥーをいれているので、これからはそのあたりも注目していきたいと思います。




11月の後半にはわたしがオーストラリアでトレーニングしていたジムFMJJのメンバーが来日し、スタンドアウトにやってきました!
今夜はAACC,明日はグラバカに練習にいくとパワフルな彼ら。
10回以上の来日をしているJUGGSを筆頭に東京の街を満喫していました。



やはりスクランブル交差点を前に興奮するのか、渡るのに準備運動するTHOMAS。
リバーサルを愛する彼らは来日のたびにリバーサルショップ原宿に行っては、一人で7,8万円分くらい買い物をして帰るとか。
すごいです。


 
 オーストラリアではBRACEという総合格闘技イベントが行われています。

このBRACEでは10月、日本でDEEPやJEWELSで活躍する、女子総合格闘家、長野美香選手 そして 富田里奈選手 が参戦しました。

そのときもちろんこのFMJJチームも彼女たちのセコンド、チームとして協力していました。



THOMASもBRACE ファイター。
すごいタトゥーです!


 12月15日、JEWELS22nd Ringにてそんな長野美香選手、富田里奈選手が戦い、富田里奈選手が引退しました。

 わたしは、富田選手とはデビューが近く、ほとんど共に練習したことはなくとも、公私共に話の合うファイターでした。 

富田選手はアマチュア時代から寝技に定評があり、その試合をみたあの所英男選手にも上手い女子選手だと印象づけたほどでした。

 ドイツやオーストラリアでの試合経験もあり、そのユニークで独特なサブカルに詳しいキャラクターもとても親しみやすい選手でした。

 引退試合の2週間前、スタンドアウトまで富田選手は練習にきてくれました。


2009年3月に初めてスパーリングをし、その3年半後再び彼女の引退試合の前一緒に練習できたことをとてもうれしく思います。




多くの人に引退セレモニーでは囲まれ、素敵な引退試合でした。
おめでとう!おつかれさま!


ということで、2012年は柔術を始めて1年が経ちました。

柔道が教育として必修化され、オリンピックでも多くの柔道家が活躍したわけですから、これからもブラジリアン柔術がもっと日本でポピュラーになって行くかと思います。

今年もありがとうございました。

来年もどうぞよろしくお願いします!


★これまでの「やんしい日記」はコチラから!

こんにちは、今回のやんしぃ日記は前回に引き続き!

『やんしぃ日記 海外修行シリーズ ~韓国編part.2~』をお送りします。

韓国到着のその日ISAMI韓国店へ行ったものの店長のジェホさんにはお会いすることはできずだった前回のやんしぃ日記から今回はついにジェホさん登場です!

韓国での柔術トレーニングはジェホさんに紹介していただいたジョン・フランクル柔術チームへに決定!

ということでジョン・フランクル柔術チームの紹介です!

場所は私が滞在していた江南からすぐの観光スポット カロスキルからすぐのapgujung(アップクジョン)駅から歩いて10分ほど。

★チームのHPはコチラから

住所はぜひこちらをご参考に!

591-3 Sinsa Dong, Gangnam Gu, Seoul, South Korea

ジョン・フランクルは韓国にブラジリアン柔術を持ち込んだパイオニアとして知られています!

そのジョン・フランクルが立ち上げたこのチームは韓国で一番大きな柔術道場ということで多くの日本人柔術かも訪れるとか。

生徒は100人以上!

ジムも広くてきれいでした!

さて、そのジョン・フランクル道場へ行くのにアップクジョン駅でジェホさんと待ち合わせ。



遠くからでもリバーサルのカラフルファッションで全身をキメた
ジェホさんは目立ってました!
噂に聞く通り日本語は完璧でした!


そして道場に到着!


到着するとすでに数人の道場生たちがスパーリングを始めていました。




この日はクラスは無く、フリーマットの日で私も早速ギに着替えてフリースパーに参加!

気づいたらジムにはタイマーはなく、スパーリングは始まったら10分も15分も同じ人と続きます。

一本取られても取ってもまた手を合わしてくるから私はそんなエンドレススパーをいったい何本やったか知れませんがかなりきつかったです。

後で聞いてみるとそれもジムの方針だとか。

タイマーに左右されない試合運びをってことで。


Gun naさんとスパー。
Gun naさんには何度もスパーを挑みましたがひょいひょいとかわされてしまいました。


どの人もフレンドリーに話しかけてくれて、とっても明るい雰囲気のジムでした。




10月に総合の試合を控えるジェホさんも何本もスパーしていました。




最後にみんなで写真撮影!




ヘッドコーチはGun naさん(茶帯)。
彼はマンハッタンに長く住んでいたということで英語でいろいろ説明してくださいました。




Gun naさんには動画でもインタビュー!
Jaehoさんがキメて通訳してくれました!ぜひごらんください☆





その1はコチラ、その2はコチラから!

ということで、韓国レポートは以上!

ぜひ韓国にいかれる際の柔術出稽古の参考にしてみてくださいね!

次回からはまた日本の柔術レポートさせてもらっていきます!

10月は私も13日&14日に開催されるアジアオープンにエントリーしています!

そちらのレポートもお楽しみに!

★これまでの「やんしい日記」はコチラから!

こんにちは、今回のやんしぃ日記は日本での柔術トレーニング日記第3弾!ということですが、今回は特別編!夏休み、韓国へ練習に行ってきました!

『やんしぃ日記 海外修行シリーズ ~韓国編part.1~』をお送りします。

柔術家の方々のなかにはいろいろな土地を訪れるときはGIをもってその土地の道場で柔術を楽しむといった旅をなさることも多いのではないでしょうか? 

日本通のわたしの先生JUGGS(フルメタル柔術/オーストラリア)も「どこへ行くにも柔術衣なしで出かけることは無いよ」と言っているほどでした。

と、いうことで着を持って韓国到着!



金浦空港に到着!



実は韓国ISAMI店の店長さんJaehoさんにお店に遊びに行くことを約束していましたが、到着した日に時間ができて突然訪問。

行き方は簡単!

ソウルの地下鉄は色や番号ごとに分かれていて、ISAMIに行くには、オレンジ3番を使います。


最寄り駅は『東大入口駅』4番出口!

韓国ソウルの地下はめちゃくちゃ広くて、地下都市ってくらい通路が続いてます。

その理由は北朝鮮が攻めてきたら多くの国民が地下に逃げることができるように、ってためだそうです。

出口を出てまっすぐすすむと左手にすぐISAMIが入ってるビルを発見!

この2Fです!

写真は上手く撮れず。

でもビルにはISAMIの看板も出てるのですぐわかります。


ISAMI韓国店に無事到着!




マネージャーのJun Seoさんが、予定外の日に来てしまった私のことを店長Jaehoさんに慌てて電話してました(笑)。
JunさんもJaehoさんも日本語ぺらぺらとは聞いていましたが、思ったよりも数倍ペラペラでした!!!!


店内めちゃくちゃ広くて、これからもどんどん日本のISAMIから商品が送られてくるそうです!


私のサインも飾ってくれるそうです。
ほんとに恐縮!


韓国ソウルにこのISAMIのように格闘技商品を扱うお店は他に無く、韓国の人が格闘技商品を買うにはISAMIかインターネット購入しかないとか。

そして用具の修理ができるのはISAMIだけ。

日本と似ている?かな!

でもISAMIも一店舗なので、このお店にはいろんなお客さんが来て、お客さんに合ったジムを紹介してあげることもあるようです。

と、いうことで今回は韓国ISAMI訪問編!

次回はついに店長Jaehoさん登場!

そしてJaehoさんが探してくれた柔術道場に一緒に出稽古に! 

韓国でも一番大きい柔術道場ということなので、日本の柔術家の方も訪れたことがあるかもしれません!



次回のやんしい日記もお楽しみに!

★これまでの「やんしい日記」はコチラから!

こんにちは、杉山しずかです。

今回のやんしぃ日記は日本での柔術トレーニング日記第2弾!ということで、『やんしぃ日記 日本編part.2~JEWELS、柔術、試合編~』をお送りします。

柔術を日本でトレーニングし始めて、感じたことは柔術をやっているひとの競技人口の多さです。

もちろん、日本にはたくさんの柔術家がいることはわかってはいましたが、総合格闘技の世界よりもやはり親しみやすいのかなと感じます。
 
そんな柔術界にすこーしだけ足を踏み入れました杉山は、7月は21日に行われました女子総合格闘技イベント「JEWELS」で久しぶりの試合をしてきました。

約2年ぶりというこの総合の試合では数回スイープを決めることができたらしく(必死だったのであまり覚えありません)柔術orグラップリング重視の練習が活かせたということでした。



約2年ぶりの国内総合の試合は寝技テクを発揮し判定勝利でした!



その1週間後、7月29日にはJBJJF主催「全日本柔術選手権」にエントリー!

猛暑と熱気の会場ではシュートボクサーとしても有名な富田美里選手とも当たるトーナメントに参加していましたが...1週間前からの総合の試合の前から症状の出始めていた右の目の病気が悪化してリタイヤしました。

みなさんも目の病気には気をつけてください!

練習してくださった方々や主催の方や対戦相手のみなさんにはとても迷惑かけてしまって、とっても残念な気持ちでした。


全日本選手権。
練習させてもらってるリバーサルSTAND OUTの選手も大活躍でした。


 


目も手術後よくなったので、水曜の女子練も復活!
女子練では女子柔術パイオニア茂木康子選手、湯浅麗歌子選手、
臼井環選手、黒部三奈選手が練習しています。
できればグラップリングの試合にもエントリーしていきたいですね。

そしていつもSTAND OUTでお世話になっている片岡先生の指導するREDIPSにも初の出稽古!

パワーとか、勢いとかではなくて技の掛け合いで練習するスパーは見ていても興味深いものでした。



REDIPS代表の小野瀬さんもいらっしゃり技を研究していました。


このとき小野瀬さんがおっしゃっていたのは、スパイダーガードについて!

以前は今ほど教則DVDやYouTubeでの柔術動画がなかったため、たまに見る試合映像を見ては研究していたとか。

「でもスパイダーガードは知る前から、やりやすいからやってただけ」と小野瀬さんから衝撃事実が!

そしてREDIPSができて、、、あれ?REDIPS...逆に読むと、SPIDER!?というもうひとつの衝撃事実も!


オーストラリアからはついに!
フルメタル柔術のJUGGSからパッチが届きました!
次の練習からはこのパッチをつけて練習予定です!!!

来月は再び総合の試合に参戦予定!

次回やんしぃ日記はそちらとわたしが出会った興味深い柔術家の方々そして、を紹介させていただこうと思います!

お楽しみに!


★これまでの「やんしい日記」はコチラから!

こんにちは、オーストラリアから帰国してもう3か月が経過しました。

ということで、今回からのやんしぃ日記は日本でのわたしの柔術奮闘記ということで、オーストラリア編から日本編へ!

日本編第一弾は『やんしぃ日記 日本編 Part.1 ~日本でのトレーニング開始編~』をお送りさせていただきます!

帰国後すぐに国際大会を控えている湯浅麗歌子選手や茂木康子選手らと柔術のスパーリング。

渡豪前、特にグラップリングや柔術を指導あおぐことなく感覚でやっていた私を知っている彼女らはスパー中もスパー後も、「しぃやん変わったね!締まったし綺麗な柔術をしてる!」と。

自分でもスパーしていてもわかる技が多くなっていたし、フィジカルトレーニングのせいでかなり力もついたようで動きたいように動けたようにも感じていました。 



柔術大会観戦もしました!

それからの柔術トレーニングはお世話になっているリバーサルのジム、スタンドアウトに決定!


柔術の先生は片岡誠人先生!

以前はもちろん全部英語だったし、初めての日本語での指導!

グレイシーオセアニアからフルメタル柔術ジムに移動したときも感じたのですがやはり、ジムによって教えられる技やポジションに偏りがあるなと感じました。

グレイシーオセアニア、マリオ横山のジムではスパイダーやとにかく潜ってスイープといった下からの技を主に教わりました。

これは完全にマリオのスタイル。

マリオの言っていた言葉で印象的だったのは『Lose the submission, Don't lose the position!』 でした。

一方、フルメタル柔術のJUGGSはポイントやポジションをとるより一本を狙うことに意識を置いていたように感じました。

スパイダーとか使ってなかったなぁ。

JUGGSはこう言っていました。

『I don't want the points, Just submit the opponent That's it!』

なんか二人とも違うこと言ってるけどどっちもかっこいいからいいや!って思っていました。



代々木八幡にあるリバーサルジム東京スタンドアウト。


ということで、スタンドアウトの柔術はどんなタイプか?

スタンドアウトの女子格闘家、臼井環(Tamaki Usui)さん!

誰かけがしたら応急処置もしてくれます!

ちなみに海外での留学経験がある臼井さん、これからは英語で話していこうと思います。



臼井環選手

 ちなみに6月2日に台東リバーサイドで行われたフレッシュマンズカップでは初めて日本で試合に挑戦。

臼井さんや先生方のセコンドもあって、なんとか2試合を勝ちで終えることができました。

この2試合、本当に楽しかったです。



フレッシュマンズカップ表彰台


 やわらかく戦うことを意識したから、いつもがちがち力が入ってしまって疲れてしまうことなく相手に合わせて自分の技に入ることができたのがよかった点ですが、まだまだこれからも動きを磨いてどんどん試合で試していきたいです。

と、いうことで、次回は次なる柔術大会に向けて、日本での出稽古、さらには総合JEWELSの試合、など頑張って、レポートしていきたいと思います!


★これまでの「やんしい日記」はコチラから!

今回は、オーストラリア武者修行最後の試合として出場したlock down3と私が今トレーニングさせてもらっているFMJJ(フルメタル柔術)にいらっしゃった阿部兄選手のセミナーに参加したことを中心に、題して「Last fight in Australia編」をお送りします。

 FMJJジムは、リバーサルオーストラリアジムとも呼ばれていて、ジムの壁にはリバーサルのマークがありますし、所属しているファイターやジム生のほとんどがリバーサルを練習でももちろん私服でも愛用しています。



そのリバーサルのマークの横にはこれまた見慣れたAACCの文字!

AACCとFMJJは言わば姉妹ジムといった関係のようでFMJJの選手は日本に行けばAACCで練習するとかで、今回は阿部兄選手がセミナーを行いました。



アベアニセミナー!
もちろん私も参加させていただきました。

FMJJジムだけでなく遠くのジムからもこのセミナーに参加するためにたくさんの人が集まりました。  

正直日本では所属ジム的にも阿部選手の指導をうけられることはなかたし、ゴールドコーストにいるからこその経験、非常に光栄でラッキーでした!

そして次の日はlock down3のためにゴールドコーストから車を一時間走らせてブリスベンのジムへ!

このジムにはリングもケージもあり、以前パンクラスで活躍していた選手がオーナーをしているとか。

わたしはこの試合のためにしっかり減量をしたんですが、ふたを開けてみると私よりもずっといい体をした女子選手が集まっており、階級はなんと無差別!

やばい!というのが印象でした。

この試合はケージのなかでのグラップリングトーナメントなのですが、ジャッジはポイントによるものでなく、総合の判定を意識した方法で勝敗をきめ、1Rで勝負がきまらなければ3Rまで延長があります。



試合前。
試合までかなりの待ち時間!

3、4時間ほどを経て私の名前が呼ばれ、なんと一番大きそうな選手とまず対戦することに。

オーストラリアの女性の力はとんでもなくすごいです。

軽量級の選手が多い日本ではあまり経験できない感覚でした。

結局1Rドロー、2Rも同じような展開で3Rはギロチンから抜け出せず1試合目は落としてしまいました。

この試合はFACEBOOKでもベストレスラーを挙げる掲示板で私の名前を挙げてくださった方がいたりして、終わった後、大きな拍手をもらいましたが、負けてしまっては疲れも倍で、総合の試合で打ち合いまくったあとぐらい疲れ果てた試合でした。



 
2試合目、これまた背も手足も長い選手。
やはり力の強さに驚きましたが苦戦しながらも腕十字でなんとか勝つことができました。

3試合目、なぜか1試合目の選手との再戦。

いったいどういうシステムなのか私にはわかりませんでしたが、これはタックルにいったところをチョークにとられてまたしても負けてしまいました。


結果は4位、悔しい結果でしたが、ケージでの初ファイトはとても刺激的で
総合でも挑戦してみたいと感じました。

何より阿部兄選手がセコンドで的確にアドバイスをしてくださって本当に光栄な体験をすることもできました

フィジカルの強さの違いを思い知ったこの日から、さらにいっそうウエイトとサーキットなどのトレーニングに気合が入り始めました。

日本でも力負けしない体を作りたいです。 



サーキットトレーニングの様子


ということで、次回はオーストラリアでの最後のやんしぃ日記をお送りします!

★これまでの「やんしい日記」はコチラから!

| トラックバック(0)


現在、オーストラリアで語学勉強と柔術の練習に勤しんでいる杉山しずか選手が青帯に昇格しました。

杉山選手はすでに現地の柔術大会で白帯で優勝しており、この青帯昇格の実績は充分。

おめでとうございます!

「柔術は個人競技のように見えますがそうではありません。

私が練習している柔術チーム、フルメタル柔術のジャグスから今日、サプライズ・プレゼントがありました。

チームの人のおかげなのに、私はすごいものをもらってしまった。

柔術はチームスポーツです。

フルメタル柔術は偉大な素晴らしいチームです!!

このチームに私は多く助けられました。

もちろんグレイシーオセアニアにも感謝したいです。

こんな突然来た日本人に暖かく親切に熱心に指導、トレーニングしてくれたことを感謝してもしきれないです。

離れたくないなぁ、もっと上手くなってみんなに恩返ししたい。

感謝を伝えるのにサンキューよりふさわしいはありますか?

私と一緒に練習してくれたみんなに感謝を伝えるのにサンキューという言葉だけでは足りないです。

Thank u×100!!

杉山しずか」

| トラックバック(0)

2012年一発目のやんしぃ日記、今年に入ってからすでに日が経ってしまいましたが、今回は、わたしのゴールドコーストでのある日の一日を紹介します。

と、いうことで今回は「やんしぃ日記8~豪風トレーニングDAY編~」をお送りします!

まずは起床、現在は一軒家に4人共同生活なので、シャワー室、洗濯機の取り合いを経て準備。



8:00AM、この日は雨が降りそうだったので、横浜のsoniq squardジム所属で現在はオーストラリアで暮らしているアキラさんが車で迎えに来てくれました。

8:30AM、FMJJ(フルメタル柔術)ジムにてフィジカルトレーニング開始です。

1時間みっちりダッシュ、サーキット、ウエイト、自重トレなどを行います。

コーチが毎回いろいろなトレーニングを取り入れてくれるので、飽きませんし丁寧に指導してくれるので、勉強にもなります。

このトレーニングを始めたときと、今とでは、倍の重さを持ってできているトレーニングもあるので、成果を感じれるとやる気がでます。

トレーナーは笑顔が素敵なマッチョなイタリアーナで面白いのですが、笑いながら結構きついメニューを言い渡してきます。



フィジカルトレーナーのCristiano(左)、FMJJオーナーJuggs(右)。




10:00AM、グラップリングです。




練習が終わった後はしっかり並んで、一人ひとり感想を言っていきます。


この国はどこを見ても一般の人でもまるでファイターのようなガタイの男性ばかりで、もちろんジムのメンバーもかなり大きい人ばかり。

組み合ったり抑え込まれるだけできついですが、うまい人が本当に多く、誰とスパーリングしても勉強になります。

ただ、いま夏真っ盛りのこの国でのグラップリング、柔術は結構きついです。

JUGGSは、「ガイジン、more sweat than Japanese! ,Sorry」といっていましたが、特にそこは日本人とも変わらないんじゃないか?と思いました。

12:00、練習終了。

わたしを含め何人かのメンバーが一週間後に試合を控えていたので、もっと自主練とかしたいんですが、このジムではあまりそういった習慣はないようで、クラスが終わると掃除して、おわりです。

日本ではクラスの後、習ったことや自分のやりたい動きを確認しながらさらに詰めた練習をしたりしていたのですが、なかなかそういかないのが少し残念なところです。



13:00、練習メンバーでお決まりのカフェへアサイーを食べに来ます。
アサイーボウル、食べたことある人もいると思うんですが、かなりハマります!
日本に帰っても食べます!でもカロリーに注意。



15:00、Burleigh Heads のビーチでBBQ!
オーストラリアではBBQがすごく身近で、公園にボタンを押すだけで使える鉄板がいくつもあるんです。
ちゃんと業者のひとが毎日きれいにしてくれていて、ほんとレジャーに富んだ国!
家族やそれぞれのパートナーも集まってかなり夜更けまでパーティは盛り上がりました。


とこんな感じで一日が終わっていきます。

そのほかの日は、昼間アルバイトをして、夜フィジカルと柔術とMMAを一時間ずつやったりな日々です。



来週は日本からAACC阿部兄選手がここゴールドコーストにセミナーにやってくるということで、とても楽しみにしています。
そしてセミナーの翌日は試合、今度はケージのなかでグラップリングの試合です。
いい報告ができるよう頑張ってきます!


と、いうことで、次回は「FMJJ feat.AACC in ゴールドコースト」をお送りします。

★これまでの「やんしい日記」はコチラから!

| トラックバック(0)

久しぶりのやんしぃ日記、第7弾!

日本が大晦日の格闘技ビッグイベントに向けてどんどん冬の寒さも増すのとは反対に、夏真っ盛りを直前にビーチがますます混み合ってきたオーストラリアゴールドコーストから、今回はやんしぃ日記第7弾『メルボルンオープンin Melbourne編』をお送りします。

 柔術を習い始めて半年が経過した11月18~20日、ここゴールドコーストからは南へシドニーを超えて飛行機で2時間のメルボルンで開催された「International Melbourne Open2011」に参加してきました。


この大会にはシドニーで一緒に練習していたRyan Gracie Teamとして
出場したため、メルボルン空港に到着すると、ちょうどシドニーから到着した
Gracie Teamと合流して、ホテルへ。

 このホテルへのバスで久しぶりの再会に会話も盛り上がったんですが、どうも腑に落ちない点が多く、だんだんわかってきたのは、1日後だと思っていた試合は2日後であり、次の日に合わせてきた体調、体重は2日後に持越しということでした。

ということで、次の日は観光。



夏のクリスマスは変な感じです。

夕方は一般のフィットネスジムに潜入し空きスペースにて柔術着着用で打ち込みというまさに一般会員さんの注目の的になるという恥ずかしさを超え、夜Lauraお手製のごみ袋サウナスーツを全身にまとい、さらに着を着用して夜の街へ繰り出しこんどは市民の注目の的になるという素晴らしい一日を過ごしました。



Lauraお手製のごみ袋サウナスーツ!


着るとこんな感じです!

さて肝心な試合の日を迎え、特に大きな緊張もなく2試合を終えることができ、結果は優勝でした。



メルボルンまで遠征しての試合!


1試合目はyoutubeで柔道の試合を見まくりシミュレーションした払い腰からのGiチョーク。

2試合目は逆に引き落としで2ポイントとられてしまいましたが、腕十字で極めることができました。



表彰台でみんなと記念撮影。


本当はNO-GIや白帯でもアブソリュートがあるはずなのになかったり、突然1日だけの開催になったり、どうも聞いているとオーストラリアの連盟や何やらもいろいろあるみたいです。

さらには選手同士のスポンサーの取り合いや、ア○ダビトライアルのための挨拶まわりだったりを聞いていると、豪柔術の世界も本気でやっている人たちはプロ意識を持ってやっているんだな、と感じました。



オーストラリアでは2012年2月にアブダビトライアルがあるらしく、
それに向けてこの大会ではお互いの戦術を研究しあうという機会でも
あったみたいです。
今日の友は明日の敵って感じなのかなぁ。

ゴールドコースト帰国までの2日間は観光と現地ジムへの出げいこ。


現地ジムへの出げいこの後の記念撮影。



このポストはサンタ専用?!


出げいこのあとはみんなでUFC! 

ダンヘンVSショーグンをパブで観戦しおみやげにラミネートされたミニポスターをGET。

パブはあふれんばかりのたくさんのお客さんでUFCの関心の高さを実感。

 今回の試合でも、まだまだわたしは柔術の動きでなくスピードや勘に頼るところが多いのが悔しいのですが、久しぶりに会った私を全力でサポートしてくれたGracie Oceania MarioやLauraはじめTeamのみなさん、試合前集中的に練習をつけてくださったFull Metal JiuJitsu  Juggsu 、Teamのみんなに感謝したい大会となりました。


Thank u!Mario Team!


そして今度は、Juggsuの前でも勝利できるようにもう一度オーストラリアで試合したいと考えています。



Thank u! Juggsu 
そしてこれからもよろしくお願いします!(photo from Juggsu)

★これまでの「やんしい日記」はコチラから!

さて、杉山しずか海外修行第二の地は、サーファーと観光客のパラダイス、ゴールドコーストです。ということで今回は「やんしぃ日記パート6~ゴールドコースト新ジム編~」をお送りします!

シドニーでの4ヶ月を終えて、今度は、シドニーから北に飛行機で1時間半ほどのクイーンズランド州ゴールドコーストへやってきました。シドニーと比べてもかなりの気温差と太陽の日差しの強さに驚かされます!



わたしが部屋を借りているのは、バーレイヘッズ。
サーフィンの聖地として知られる美しい海のある静かな町です。
サーファーじゃないわたしにはもったいない場所です。

ゴールドコーストでの観光地として知られるサーファーズパラダイスからは少し南に位置します。

トレーニングでは日本でもよくランニングをしていましたが、いつも夜練習が終わってからの夜中だったりでなかなか日の光の中で走ることがなかったのですが、今ではこの綺麗なバーレイの海沿いを毎朝走っています。



フィットネス大国オーストラリアはさすが!ランニングコース沿いに空圧式筋トレマシーンや腹筋・背筋・自転車漕ぎマシーン・懸垂などあらゆる器具が並んでいます。フィットネスジムいらずですね!


なぜバーレイに住むことにしたのかというと、いつもサポートしてくださっているリバーサルさん、オーストラリアにも系列ジムがあるんです!



フルメタルとかいうから、正直ちょっとビビッていたんですが、みんな楽しく真剣にそして厳しくトレーニングしています。


それがここ!「FMJJフルメタル柔術」なんとも斬新な名前とそしてロゴ!

どうやら、聞いてみるとこのジムの名前の由来はスタンリー・キューブリックの映画の「FULL METAL JACKET」からきているらしいんです。

なんか、それを聞くとかっこいい気がしてきます。チームカラーのグリーンは格闘技ジムだけどフレンドリーな雰囲気がほしかったかららしく、日本大好きJUGGSUはもちろんロゴもカタカナと漢字を入れたみたいです。



これが元になった映画!


そして彼がこのジムの設立者で指導者のJUGGSU(ジャグズ)
とっても陽気だけど紳士でそしてとても丁寧でいろんなファイターを研究してるのが話していてよくわかります。日本語一生懸命使ってくれるのはいいんですが、だいたいミギ(右)とミミ(耳)は間違えちゃうみたいで、技の説明がわけわからなくなります。


ジムにはリバーサルの商品やわたしが載ってるカタログもあって、みんな全然今と違う!っと笑ってました。


FMJJでは柔術以外にもレスリングやグラップリング、ムエタイ、MMAそしてフィットネス強化のクラスがあるので、本当にいい練習ができています。


 わたしがここへ来る数週間前にはAACCの阿部兄選手がこのジムで指導していたり、このジムの選手GUYもZSTに出場して勝利していたり、まるで日本のジムにいるかのように日本の格闘技事情や日本の選手の話で打ち解けることができました。



練習後はだいたい近くのカフェでアサイーを食べて体を冷やします。

このジムには女子のファイターはいないんですが、JUGGSUのわかりやすい指導やムエタイのコーチの超厳しい指導でなんか強くなれそうです。すでに腕の太さが変わった気がします。

 そういえば、シドニーで開催されたCFC(Cage Fighting Championship)を観戦にいったときに会った全身リバーサルできめていたキアン選手もこのFMJJのJUGGSUからリバーサルを紹介されたとか。



キアンはリバーサル大好きで、今度CFCのチャンピオンに挑戦するとか!


テレビでおなじみのレフェリーとも写真撮らせてもらいました!

さて、わたしはというと、来月はメルボルンで開催されるInternational Open BJJ Competitionに出場予定です。

ということで、次回やんしぃ日記はそちらを報告したいと思います!!

おたのしみに!

★これまでの「やんしい日記」はコチラから!

| トラックバック(0)

PROFILE

女子総合格闘技ジュエルス




LINK

MOBILE



2012年12月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
▲PAGE TOP