TOP >> BLOG >> gravity - 女子格闘技ニュース

グレイシャア亜紀「成長の手応えは感じてます」■J-NETWORK試合後のコメント

◆J-NETWORK
2011年7月17日(日) ゴールドジムサウス東京アネックス(大森), Tokyo
「J-FIGHT 40 ~フォルティス渋谷祭2011~」

メインイベント
J-GIRLS王者対決 51kg契約 サバイバルマッチ1
○グレイシャア亜紀 (フォルティス渋谷/J-GIRLSフライ級王者、WMCインターコンチネンタル女子スーパーフライ級王者、J-GIRLS World QueenTournament 2008 準優勝)
 (判定3-0) *29-28/29-28/29-28
×安倍基江 (アカデミア・アーザ/J-GIRLSミニフライ級王者、J-GIRLS World Queen Tournament 2009準優勝、J-GIRLS Japan Queen Tournament 2009王者)
1R、ハイキックで安倍にダウン1

グレイシャア亜紀vs.安倍基江■J-GIRLS/5.15写真レポート


■グレイシャア亜紀、J-GIRLS王者対決を制す。
2011.7.17%20620a.jpg

普段は組まれることのない現役の王者同士の対決。
悲願のベルトを獲得して、成長がさらに加速していきそうなJ-GIRLSミニフライ級王者・安倍基江。
初代フライ級王者となり、一度はベルトを手放すも今も王者として君臨しているJ-GIRLSフライ級王者・グレイシャア亜紀。
あの神村エリカに黒星をつけたことがある安倍が、1階級上の王者でも倒す可能性はあった。
しかし、試合ではグレイシャアが1ラウンドにいきなりハイキックでダウンを奪うと、最終ラウンドにようやくエンジンが全開になった安倍が打ち合いに持ち込んだが、グレイシャアが相手の反撃を抑え勝利した。
改めて勝負強さを見せてくれたグレイシャア亜紀に試合のこと、次回の防衛戦、そして今の女子キックについて試合直後に聞いてみた。


-ダウンを奪っての勝利でしたが、試合の感想は?
「安倍選手は1階級下とはいえ技術のある選手だし、気持ちが強い選手なので絶対にガンガン出てくるだろうと想定はしていました。
だけど思っていたよりは回転が速かったし、スピードもあったので自分が攻撃を仕掛ける前にパッパッパン!ともらったところは反省点ではあります。
試合の間隔が空いたんですが、まわりで支えてくれていた人たちがいい練習をさせてくれて、みんなから背中を押してもらったので、最後まで気持ちが切れずにしっかり前に動けたかなと思います」

-前へ出てくる相手にどのような対策をしていた?
「いろいろな人に安倍選手の動きをチェックしてもらって、安倍選手は真っ直ぐが強いので、自分が的にならないように常に足を使い、動きながら自分のポジショニングを取っていく。
でも後半は少し足が動かなかったのでパンチをもらい、そこは安倍選手のほうが自分より技術が上だったのかなと感じながら試合をさせてもらいました」

-ハイキックでダウンを奪ったところは?
「試合前のアップでは右のハイのほうがキレていたので、左では感じていなかったけど、パンチからの蹴りの流れでミドルかなと思ったんですけど、相手のガードの上にタイミング良くハイキックが出ました」

2011.7.17%20437a.jpg

-グレイシャア選手が今年になって凄く伸びているという話を聞いていました。ご自身では自分の成長を感じてますか?
「わたしは年齢も年齢でスタミナもあるわけではないし、技術もすごいあるわけではないけど、カラダの使い方に関しては凄く勉強させてもらっているので、それがいい方向に繋がっているという手応えは着実に感じてます」

■(防衛戦は)いい試合になるかなと予想してます

-11月の防衛戦にうまく繋がったと思いますが、相手は☆MIKA☆選手に決まってます。
「ミドル重そうでしたね(笑)。
下半身が凄く安定している選手で、蹴りの一発も重いだろうし、若いんで前に来る力もあるし、いつか戦は蹴りだけではなくパンチをまとめるのが上手くなっていましたね。
試合は今までの戦績とかは関係なく、いち選手としてしか見てないので倒しにいくという感じです」

-11月は豪華カードがたくさん組まれそうですが、その中でどんな試合をしたいですか?
「初めて対戦する選手ですが、いい試合になるかなと自分で予想してます。
ほかの試合もありますが、自分は自分の試合をしっかりして少しでも自分が進化する、そこを目指すだけです」

-女子キックは若い世代も出てきて盛り上がってきてますが、グレイシャア選手はどのように感じてますか?
「すごく嬉しいです。
嬉しいですけど、自分と同じ世代の選手にもうひと踏ん張りしてほしいなと。
若い選手は勢いもあってパワーで持っていってしまう選手もいますけど、ベテランはベテランの味をしっかり出して、パワーで勝てなかったら技術で勝つみたいな。
そのような部分で見せれる選手が出てきたら女子キックも盛り上がっていくのではと感じてます。

-安倍選手は試合前に世代交代発言もありましたが、そんなの冗談じゃない!という気持ちですか?
「もう私は勝手に言ってろという感じですね(笑)。
また煽られても「はい、はい」と、言うだけ言っといてくださいという感じなので」

-では11月の防衛戦はいい試合をしてくれますか?
「はい。頑張ります。
それまでには時間がありますので、今回の反省点を修正するのも含めゼロからやり直します」



試合会場には、ジュエルスなどで活躍中の石川菊代がグレイシャア亜紀の応援に駆けつけていた。
最後にそのことも尋ねると。

「菊代ちゃんとは出稽古で毎週一緒に練習をやらさせてもらっています。
一週間前のジュエルスでは凄くいい試合をしたと報告を受けたので、すごくいいバトンを繋いでもらったので、一緒に練習している仲間が勝ったので自分も負けられないと思いました。
ジムでもいい練習をさせてもらっているんですけど、こっちでも意識の高い練習をさせてもらっているので、お互いに少しずつハードルを上げて練習をしているので」

-いい影響を受けた?
「ビックリするぐらい上手くなっているので、自分もヤバイって、自分もやらなきゃって。
お互いに持ち上げていくという練習ができているので、(石川選手に向かって)ありがとうございます(笑)。また練習をお願いします」

そんなふたりの貴重な写真はこちら↓(いい表情!)
7.17 J-Fight Gracyer Aki (Fortis-Shibuya) (one day sugi 3)
グレイシャア亜紀は12月にJ-GIRLSで防衛戦、石川菊代は9月にジュエルスで王者決定トーナメントに出場(決勝は年内を予定)。
ふたりの写真に2本のベルトは加わることになるのか?

| コメント(0) | トラックバック(0)
 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.kakutoh-blog.com/mt/mt-tb.cgi/12533

コメントする

PROFILE

akira

フリーのライター&カメラマン

過去の記事は↓
http://joshikaku.jugem.cc/

お仕事は↓
giantcorn3939◆yahoo.co.jp
(◆→@)


■「gravity - 女子格闘技ニュース」
携帯版
http://kakutoh.com/pc/blog/gravity/m/
QRcode.JPG

2012年10月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

女子選手ブログ(更新順)

bana-ledis.gif

▲PAGE TOP