TOP >> BLOG >> gravity - 女子格闘技ニュース

2011年7月アーカイブ

◆DEEP
2011年8月26日(金) 後楽園ホール, Tokyo
「『FIGHT FOR JAPAN』10th Anniversary DEEP 55 IMPACT」 OPEN 17:30 / START 18:00

※決定カード
篠原光 (ヨックタイジム)
アマンダ・ルーカス (The Skrap Pack)

event_6688.jpg
Hikara Shinohara / Amanda Lucas

■アマンダ・ルーカスから篠原戦のコメント

-篠原の印象は?
「ネットで何試合か篠原選手の試合の映像を探せたんで、それは観たんです。けど、その映像だけでファイターとしての彼女の評価をするのは難しいと思うわ。
でもはっきりしているのは、篠原選手の方がわたしよりも試合の経験があるという事なの。だから、この試合はとてもタフな闘いになる、リングの上は戦争になる、とわたしは考えているわ」

-どんな試合になると思いますか?
「わたしも篠原選手も、MMAの試合という点では少し間隔があいているから、わたしもそうなんだけど、彼女も早くリングに上がりたくてしょうがないと思うんです。わたしは日本に行き、一本かKOで篠原選手に勝つ、という事しか考えていません。ベストファイト賞を穫るようないい試合をして勝ちます!」

-これから試合に向けての練習プランは?
「3週間、ラスベガスのスローダウン・トレーニング・センター(Throwdown Training Center)で練習をして、いまサンフランシスコに帰ってきたところなの。べガスでは打撃に重点をおいた練習メニューだったけど、滞在中にグラップリングのトーナメントにも出たわ。これからは、ギルバード・メレンデズのチーム「スクラップ・パック(Skrap Pack)」でMMA、ガニュオ・フェアテックスで打撃、ディアブロ・バルベルのところでコンディショニング、といった形で最終調整に入るつもりです」

-日本のMMAファンへのメッセージは?
「日本に行けて、日本のファンの前で試合をできるなんて、ほんとうに興奮しているわ。
もの凄く光栄に思っているし、その感謝の気持ちを表すためにも、日本のMMAファンに、わたしは真のMMAファイターで、とてもエキサイティングな試合をするプロだという事を証明する。今から試合まで、その事だけに全力を注ぐつもりよ」


そのほかの対戦カード (格闘王国)

| コメント(0) | トラックバック(0)

◆NKB
2011年7月24日(日) 大森ゴールドジム サウス東京アネックス, Tokyo
「THE SUPER KICKBOXING “TNT”M-145」

第2試合 61.23kg契約
△ノックKAHORI (MTG)
(判定1-0ドロー) *29-28/30-30/30-30
△小澤聡子 (チームドラゴン/J-GIRLSフェザー級6位)

第1試合 フライ級
○カノム・シッソー (MTG)
(判定2-1) *30-28/29-30/29-28
×三堀“SMILE”美弥子 (Y'ZD GYM)

| コメント(0) | トラックバック(0)

◆B-FAMILY NEO
2011年7月3日(日) アーネストホーストジム , Aichi
「Muay Thai WINDY Super Fight in NAGOYA ~Muay Tyhoon!~」

メインイベント ジュニア地域対抗戦 47kg契約 2分2R延長1分
○伊藤紗弥 (尚武会/WINDY Super Fight 40kg級王者, 元M-1ジュニア35kg級王者・女子40kg級王者, タイ国テープラシット37kg王者/関東選抜)
(判定)
×chihiro (国士/TOPRUNガールズ級初代・2代目王者, 全日本グローブ空手道連盟「決勝」勝利/関西選抜) ※井本千尋から改名

%E6%9D%B1%E8%A5%BF%E5%A5%B3%E5%AD%90%E3%82%B8%E3%83%A5%E3%83%8B%E3%82%A2%E9%A0%82%E4%B8%8A%E6%B1%BA%E6%88%A6%E3%83%BB%E4%BC%8A%E8%97%A4%E7%B4%97%E5%BC%A5VSchihiro.jpg

今大会はジュニアキック・ムエタイの豪華メンバーが名古屋へ大集結。
関東・WINDY・名古屋・関西の選抜チームが対抗戦を行い、最終試合では東西を代表する女子ジュニアが激突した。
一撃のパワーでchihiroに部があるように見えた。しかし、伊藤はパワーで劣る分、技術でカバー。首相撲や一定の距離を図るなどして、勢いを封じることに長けている。この一戦でも、同じ攻略法をとり、判定で伊藤が勝利。

表彰式では、ムエローク賞とWINDY賞、NAGOYA賞が用意され、伊藤紗弥(尚武会)はムエローク賞とWINDY賞をダブル受賞した。

情報提供:鈴木雄一郎

| コメント(0) | トラックバック(0)

◆MA日本キックボクシング
2011年7月24日(日) スカイホール豊田, Aichi
「真樹ジムAICHI10周年記念興行 J-1 time ~signal of start~」

女子フライ級 2分3R
×中村美紗 (真樹ジムAICHI) ※デビュー戦
(判定0-3)※28-30/28-30/28-30
○エミNFC (ナゴヤファイトクラブ)

h230724.jpg

| コメント(0) | トラックバック(0)

◆ライズ
2011年7月23日(土) 後楽園ホール, Tokyo
「RISE 80(ライズ エイティー)」 START 17:00 / OPEN 17:30(予定)

-49kg以下契約 3分3ラウンド延長1ラウンド
○神村エリカ (TARGET/WPMF&WMC世界女子ミニフライ級王者)
(1R2:01/KO) ※3ダウン
×ティティアナ・ヴァン・ポラーナ (シュートボクシングオランダ/チーム・サワー/WFCA世界ムエタイ2階級王者、WFCAムエタイオランダ王者)
※ティティアナは計量で1.8kgオーバーのため減点2

| コメント(0) | トラックバック(0)

◆パンクラス
日時:2011年7月23日(土) 新宿FACE, Tokyo
「PANCRASE 2011 IMPRESSIVE TOUR」 OPEN 16:00 / START 17:00

セミファイナル
アテナ ライトフライ級(-52.2kg) 5分2R
○WINDY智美 (Tomomi Windy/パンクラスism)
 (判定3-0) *20-18/20-18/20-18
×サダエ・マヌーフ (Sadae Manhoef/サダエ・マヌーフ)

2011.7.23%201139a.jpg

第2試合
アテナルール ストロー級(-47.6kg) 5分2R
○関友紀子 (Yukiko Seki/fight chix)
 (判定3-0) *20-19/20-18/20-18
×sakura (sakura/和術慧舟會東京本部)


※全試合写真はこちらに掲載↓
http://www.kakutoh.com/pc/results/shosai.php?id=6690 (格闘王国)

| コメント(0) | トラックバック(0)

◆REBELS×IT’S SHOWTIME
2011年7月18日(月/祝) ディファ有明, Tokyo
「東日本大震災チャリティーイベント“Stand up JAPAN!”
REBELS×IT'S SHOWTIME ~REBELS.8 & IT'S SHOWTIME JAPAN countdown-1~」

■REBELS.8(ムエタイの部)

47kg契約 REBELS×JEWELS 2分3回戦 JEWELSキックボクシングルール
○飯田なお(新宿レフティージム/ITFテコンドー全日本2007、2008、2009年王者)
 (判定2-0) *30-30/30-29/30-29
×百花(T.B.NATION)

2011.7.18%20510a.jpg
アイドル女子高生ファイター・飯田なおのプロ4戦目は、プロ4戦負けなしの18歳・百花と対戦した。

2011.7.18%20564a.jpg
飯田は左ミドル、前蹴りで距離をとると、百花は相手の蹴り終わりにパンチの連打で攻める。

2011.7.18%20598a.jpg

2011.7.18%20641a.jpg

2011.7.18%20653a.jpg
飯田は蹴り主体だが、相手がパンチで来ると負けずに打ち合っていく。

| コメント(0) | トラックバック(0)

◆REBELS×IT’S SHOWTIME
2011年7月18日(月/祝) ディファ有明, Tokyo
「東日本大震災チャリティーイベント“Stand up JAPAN!”
REBELS×IT'S SHOWTIME 〜REBELS.8 & IT'S SHOWTIME JAPAN countdown-1〜」
OPEN 15:00 / START 15:30 ※オープニングファイト15:00開始

■REBELS.8(ムエタイの部)

47kg契約 REBELS×JEWELS 2分3回戦 JEWELSキックボクシングルール
○飯田なお(新宿レフティージム/ITFテコンドー全日本2007、2008、2009年王者)
 (判定2-0) *30-30/30-29/30-29
×百花(T.B.NATION)

オープニングファイト第1試合 スペシャルアマチュアマッチ 45kg契約 REBELS×JEWELS 2分3回戦 JEWELSキックボクシングルール
○宗田智美(ボスジム/第4回J-NETWORKアマチュア全日本選手権大会Bリーグ女子-45kg級優勝)
 (判定3-0)
×涼香(T.B.NATION)
1R、3Rに涼香ダウン1あり

*飯田なおvs.百花、宗田智美vs.涼香■REBELS/7.18写真レポート

*全試合結果試合写真

| コメント(0) | トラックバック(0)

◆J-NETWORK
2011年7月17日(日) ゴールドジムサウス東京アネックス(大森), Tokyo
「J-FIGHT 40 ~フォルティス渋谷祭2011~」

メインイベント
J-GIRLS王者対決 51kg契約 サバイバルマッチ1
○グレイシャア亜紀 (フォルティス渋谷/J-GIRLSフライ級王者、WMCインターコンチネンタル女子スーパーフライ級王者、J-GIRLS World QueenTournament 2008 準優勝)
 (判定3-0) *29-28/29-28/29-28
×安倍基江 (アカデミア・アーザ/J-GIRLSミニフライ級王者、J-GIRLS World Queen Tournament 2009準優勝、J-GIRLS Japan Queen Tournament 2009王者)
1R、ハイキックで安倍にダウン1

「王者対決!」

J-GIRLSフライ級王者(50.80kg以下)のグレイシャア亜紀とJ-GIRLSミニフライ級王者(47.63kg以下)の安倍基江。
一階級ちがう王者同士が激突したスペシャルマッチ。

2011.7.17%20389a.jpg
1ラウンド前蹴りからワンツーで攻めていく安部、前蹴りからパンチで対抗するグレイシャア。

| コメント(0) | トラックバック(0)

◆NJKF
2011年7月17日(日) 後楽園ホール, Tokyo
「NEW JAPAN BLOOD 7」 OPEN 16:45 / START 17:00

第6試合 NJKF BONITA BOXEO 57.5kg契約 3分3R
×大石綾乃 (OISHI GYM/WBCムエタイ日本女子フェザー級王者/J-GIRLSフェザー級王者)
(判定3-0) *28-30/28-30/27-30
○AZUMA (y-park/NJKF BONITA BOXEOフェザー級王者)

大石とAZUMAの対戦成績が1勝1敗のイーブンだったが、三度目の対戦はAZUMAが判定で勝利した。

| コメント(0) | トラックバック(0)

◆J-NETWORK
2011年7月17日(日) ゴールドジムサウス東京アネックス(大森), Tokyo
「J-FIGHT 40 ~フォルティス渋谷祭2011~」

メインイベント
J-GIRLS王者対決 51kg契約 サバイバルマッチ1
○グレイシャア亜紀 (フォルティス渋谷/J-GIRLSフライ級王者、WMCインターコンチネンタル女子スーパーフライ級王者、J-GIRLS World QueenTournament 2008 準優勝)
 (判定3-0) *29-28/29-28/29-28
×安倍基江 (アカデミア・アーザ/J-GIRLSミニフライ級王者、J-GIRLS World Queen Tournament 2009準優勝、J-GIRLS Japan Queen Tournament 2009王者)
1R、ハイキックで安倍にダウン1
*写真レポート

第1試合 アマチュア 女子Bリーグ 55kg契約 1分2R 
○千葉里紗 (フォルティス渋谷)
(判定3-0) *20-19/20-19/20-18
×笠井麻菜美 (クロスポイント吉祥寺)

2011.7.17%20628a.jpg

| コメント(0) | トラックバック(0)

◆J-NETWORK
2011年7月10日(日) 新宿FACE, Tokyo
「J-GIRLS 2011 ~Born This Way 2nd~」

第11試合
J-GIRLSアトム級次期王者挑戦者決定トーナメント 決勝戦 サバイバルマッチ1
○美保 (KFG/J-GIRLSアトム級3位)
(延長R1:03/KO) 本戦 *30-29/29-29/29-29
×PIRIKA (NJKF・キングジム/J-GIRLSアトム級5位、BONITA BOXEOアトム級2位)

ふたりは過去に2度対戦して1勝1敗のイーブンだが、今年1月の2度目の対戦ではPIRIKAの成長と勢いがあり、今回もPIRIKAが優勢に試合を進めるかと思われたが。

2011.7.10%201266a.jpg
1ラウンドはPIRIKAがボディーへの攻撃からバックブロー、そしてバックキックがヒットすると、美保はダメージで動きが止まっていく。

| コメント(0) | トラックバック(0)

◆Krush
2011年7月16日(土) 後楽園ホール, Tokyo
「Krush -70kg初代王座決定トーナメント 〜決勝戦〜」

女子フェザー級(57.15kg) K-1ルール 2分3R・延長1R
○佐々木仁子 (チームドラゴン)
(判定2-0)*30-29/30-30/30-29
×桜朋梨恵 (ラビカラ)

2011.7.16%20268a.jpg

| コメント(0) | トラックバック(0)

◆REBELS×IT’S SHOWTIME
2011年7月18日(月/祝) ディファ有明, Tokyo
「東日本大震災チャリティーイベント“Stand up JAPAN!”
REBELS×IT'S SHOWTIME ~REBELS.8 & IT'S SHOWTIME JAPAN countdown-1~」
OPEN 15:00 / START 15:30 ※オープニングファイト15:00開始

■REBELS.8(ムエタイの部)

47kg契約 REBELS×JEWELS 2分3回戦 JEWELSキックボクシングルール
飯田なお(新宿レフティージム/ITFテコンドー全日本2007、2008、2009年王者)
百花(T.B.NATION)
8b5513eb2.jpg
Nao Iida / Momoka

オープニングファイト第1試合 スペシャルアマチュアマッチ 45kg契約 REBELS×JEWELS 2分3回戦 JEWELSキックボクシングルール
宗田智美(ボスジム/第4回J-NETWORKアマチュア全日本選手権大会Bリーグ女子-45kg級優勝)
涼香(T.B.NATION)
bf19f36f2.jpg
Tomomi Soda / Ryouka

アイドル女子高生ファイターとして一般メディアからも注目される飯田なお。
プロデビューから2連勝を飾っていたが、プロ第3戦目にしてNANA(OISHI GYM)に初黒星を喫してしまう。
出直しとなる4戦目は、REBELS×JEWELSの対抗戦として百花と対戦することになった。
百花は今年5月の女子総合格闘技「JEWELS」に出場、キックルールで岡田円(総合格闘技闇愚羅)と対戦して引き分けている。

そのほかにもREBELS×JEWELSの対抗戦として、“女子アナファイター”宗田智美がとJEWELS推薦選手の涼香がアマチュアマッチとして対戦する。

2試合はJEWELSキックボクシングルール(首相撲からのヒサ蹴りは1回までなど)で行われる。

| コメント(0) | トラックバック(0)

◆J-NETWORK
2011年7月10日(日) 新宿FACE, Tokyo
「J-GIRLS 2011 ~Born This Way 2nd~」

メインイベント
第12試合 47kg契約 2分3R
△紅絹 (フォルティス渋谷/J-GIRLSミニフライ級1位)
(判定1-0ドロー) *30-29/30-30/29-29
△山田真子 (team MA☆KO/J-GIRLSアトム級王者)

2011.7.10%201462k.jpg
Mako Yamada

2011.7.10%201487a.jpg
Momi

アトム級王者の山田真子が、一階級上で尊敬する先輩でもある紅絹と対戦。

| コメント(0) | トラックバック(1)

◆ジュエルス
2011年7月9日(土) 新宿FACE, Tokyo
「FIGHT FOR JAPAN 女子総合格闘技ジュエルス 15th RING」

辻結花「やっと戻って来れた。アングラーのみんなのおかげ」2011.7.9%20367a.jpg


石岡沙織「どうしてもあと一歩が越えられない・・・」2011.7.9%20368a.jpg


以下は、尾薗勇一ジュエルス代表、佐伯繁ジュエルススーパーバイザー、茂木康子ヴァルキリープロデューサーの大会総括。

| コメント(0) | トラックバック(0)

◆JEWELS
2011年9月11日(日) 新木場1st RING, Tokyo
「FIGHT FOR JAPAN 女子総合格闘技ジュエルス16th RING
JEWELSフェザー級GP2011 ~JEWELS初代フェザー級女王決定トーナメント開幕戦~」
OPEN 18:00 / START 18:30

2011.7.9%20469k.jpg

7.9「ジュエルス 15th RING」大会で、9月11日「ジュエルス 16th RING」からJEWELS初代フェザー級女王決定トーナメントがスタートすることが発表された。
注目の参加メンバーは、5月大会で瀧本から一本勝ちしたスギロック、リベンジに燃える瀧本美咲、ついに復活するedge、初代VALKYRIEフライ級(45.4kg)チャンピオンの玉田育子、さらに石川菊代、Sachi、関友紀子、MIYOKOの全8名。
ジュエルスの常連選手はもちろん、ヴァルキリーからも有力選手が参戦したことによりベストメンバーが揃った。

出場選手はリングに上がり、ひと言ずつ抱負を語った。
(※来場できなかったスギロックのコメントはリングアナが代読)

■スギロック
「トーナメントでいろいろな選手と対戦できることを楽しみにしております。出るからには当然優勝して、ベルトを巻くつもりで全力で頑張ります。よろしくお願いします」

■MIYOKO
「今日勝って最後の一枠をもらえました。一番弱いと思われているだろうけど、そうじゃないというところを見せていきたいと思います。応援よろしくお願いします」

■石川菊代
「一生懸命練習して優勝したいと思います。よろしくお願いします」

■玉田育子
「このトーナメントに出れて本当に嬉しく思っています。しっかり48kgで闘えるカラダを作っていい試合をしたいと思います。よろしくお願いします」

■関友紀子
「そうそうたるメンバーの中で呼んでいただいて、お呼びじゃないかなという気もするけど、このトーナメントが盛り上がるように影ながらでも頑張っていきたいと思います。よろしくお願いします」

■edge
「お久し振りです、edgeです。ケガでしばらく格闘技から離れていたんですけど、また復帰することになりました。復帰でトーナメントということなので、まあ~ボコボコにして優勝したいかなっていう感じです。よろしくお願いします」

■Sachi
「(今日は)負けちゃったんですけど、また頑張って練習してリベンジしたいです」

■瀧本美咲
「この階級でこれだけ人が集まってトーナメントが組めることがすごく嬉しいので、この中で今度こそ抜け出してやろうと思います。よろしくお願いします」

| コメント(0) | トラックバック(0)

◆ジュエルス
2011年7月9日(土) 新宿FACE, Tokyo
「FIGHT FOR JAPAN 女子総合格闘技ジュエルス 15th RING」

2011.7.9%20348a.jpg

全試合写真は以下に掲載です↓
【JEWELS】 7.9 女子総合格闘技ジュエルス 15th RING


大会レポート (格闘王国)

| コメント(0) | トラックバック(0)

◆J-NETWORK
2011年7月10日(日) 新宿FACE, Tokyo
「J-GIRLS 2011 ~Born This Way 2nd~」 OPEN 17:00 / START 17:30

メインイベント
第12試合 47kg契約 2分3R
△紅絹 (フォルティス渋谷/J-GIRLSミニフライ級1位)
(判定1-0ドロー) *30-29/30-30/29-29
△山田真子 (team MA☆KO/J-GIRLSアトム級王者)
*写真レポート

第11試合
J-GIRLSアトム級次期王者挑戦者決定トーナメント 決勝戦 サバイバルマッチ1
○美保 (KFG/J-GIRLSアトム級3位)
(延長R1:03/KO) 本戦 *30-29/29-29/29-29
×PIRIKA (NJKF・キングジム/J-GIRLSアトム級5位、BONITA BOXEOアトム級2位)
*写真レポート

第10試合
J-GIRLSバンタム級次期王者挑戦者決定トーナメント 決勝戦 サバイバルマッチ1
×魅津希 (空手道 白心会)
(判定0-2) *29-30/29-29/28-29
○大石ゆきの (OISHI GYM)
※大石ゆきのが王者挑戦権を獲得

第9試合
J-GIRLSフライ級次期王者挑戦者決定トーナメント 決勝戦 サバイバルマッチ1
○☆MIKA☆ (MA・ワイルドシーサー群馬)
(延長判定3-0) *10-9/10-9/10-9 本戦1-0 *29-29/30-29/29-29
×いつか (新宿レフティー)
※☆MIKA☆が王座挑戦権を獲得

第8試合
特別企画 アイスリボン スペシャルプロレスマッチ 【タッグマッチ】
○志田光&RAY
(11:37/ブレーンバスター→肩エビ固め)
つくし&宮城もち×
(レフェリー/都宮ちい)

第7試合
J-GIRLSフェザー級次期王者挑戦者決定トーナメント 準決勝 サバイバルマッチ1
○超弁慶 (ガムランナック)
(判定2-0) *30-28/29-29/30-29
×MINA (秀晃道場)
※超弁慶がトーナメント決勝戦へ進出

第6試合
55kg契約 2分3R
×佐竹のぞみ (鷹虎ジム/J-GIRLSバンタム級7位)
(判定0-3) *28-30/28-30/28-30
○谷山佳菜子 (正道会館 東大阪本部)

第5試合
50kg契約 2分3R
×白石瑠里 (新日本・藤本ジム)
(判定0-3) *29-30/28-30/28-30
○NANA (OISHI GYM)※日下部奈々より改名

第4試合 PRE J-GIRLS Bリーグ 57kg以下契約 1分2R
△須藤幸恵 (MONSTAR GYM)
(判定1-0) *19-20/20-20/20-20
△松川敬子 (村澤道場)

第3試合 PRE J-GIRLS Bリーグ 57kg以下契約  1分2R
○川嶋真依 (KFG)
(判定3-0) *20-19/20-18/20-19
×今川真樹 (空手道 白心会)

第2試合 PRE J-GIRLS Bリーグ 51kg以下契約  1分2R
×高橋真夕美 (鷹虎ジム)
(判定3-0) *18-20/18-20/18-20
○田中麻美 (WSRフェアテックス)

第1試合 PRE J-GIRLS Bリーグ 50kg以下契約  1分2R
○室永真央 (晴山塾)
(判定3-0) *20-19/20-19/20-19
×ほしみずき (MAVERICK FUBUKI)

| コメント(0) | トラックバック(0)

◆ジュエルス
2011年7月9日(土) 新宿FACE, Tokyo
「FIGHT FOR JAPAN 女子総合格闘技ジュエルス 15th RING」

全試合写真は以下に掲載です↓
【JEWELS】 7.9 女子総合格闘技ジュエルス 15th RING

メインイベント
トリノコPresents JEWELSvsVALKYRIE対抗戦 JEWELS特別ルール -52kg契約 5分2R
×石岡沙織 (空手道禅道会小金井道場/JEWELS)
 (判定0-3)
○辻結花 (総合格闘技闇愚羅/ヴァルキリー初代フェザー級女王/VALKYRIE)

第10試合
JEWELSvsVALKYRIE対抗戦 JEWELS特別ルール ライト級(-52kg)契約 5分2R
○ハム・ソヒ (韓国/CMA KOREA TEAM MAD/CMA KPWキック女子ライト級チャンピオン JEWELSライト級GP2010準優勝/JEWELS)
 (判定3-0)
×V.V Mei (フリー/第2代VALKYRIEフェザー級チャンピオン/VALKYRIE)

第9試合
JEWELS公式ルール ライト級(-52kg)契約 5分2R
○藤井惠 (AACC)
 (判定3-0)
×長野美香 (CORE)

第8試合
JEWELS特別ルール -61kg契約 5分2R
○赤野仁美 (AACC/第2代SMACKGIRLミドル級女王)
 (判定0-3)
×ロクサン・モダフェリ (米国/フリー/FFFライト級チャンピオン)

第7試合
JEWELS特別ルール -65kg契約 5分2R
○HIROKO (マスタージャパン/第4代SMACKGIRL無差別級女王)
 (2R/腕ひしぎ十字固め)
×エスイ (モンゴル/スマッシュ小路道場)

第6試合 JEWELSキックルール -53.52kg契約 2分3R
○林美久 (バンゲリングベイ・スピリット)
 (2R/KO)
×anna (FIGHT CHIX)

第5試合 JEWELSvsVALKYRIE対抗戦 JEWELS特別ルール ライト級(-52kg)契約 5分2R
×セリーナ (ノルウェー/team hellboy hansen/JEWELS)
 (判定0-3)
○高林恭子 (ALIVE/VALKYRIE)

第4試合 JEWELSvsVALKYRIE対抗戦 JEWELS公式ルール -48kg契約 5分2R
○石川菊代 (リバーサルジム横浜グランドスラム/JEWELS)
 (判定3-0)
×Sachi (総合格闘技闇愚羅/VALKYRIE)

第3試合 JEWELSキックルール -60kg契約 2分3R
○千佳子WSR (WSRフェアテックス)
 (判定3-0)
×中森華子 (JWP)

第2試合 JEWELSキックルール -50kg契約 2分3R
○トモコSP (WSRフェアテックス)
 (判定3-0)
×茶谷薫 (誠至会)

第1試合 JEWELS公式ルール -48kg契約 5分2R
○MIYOKO (GRABAKAジム)
 (判定3-0)
×奥村ユカ (SOUL FIGHTERS JAPAN)

OPファイト第4試合 JEWELSアマチュアキックルール -53kg契約 2分2R
○新垣聖羅 (WSR蕨ジム/J-GIRLS U-15ミニフライ級チャンピオン、M-1 40kg級チャンピオン)
 (判定3-0)
×佐藤和乃 (新興ムエタイジム)

OPファイト第3試合 JEWELSアマチュアキックルール -44kg契約 2分2R
○伊藤紗弥 (尚武会/国際Jrキックボクシングチャンピオン)
 (判定3-0)
×吉良千宙 (魁塾)

OPファイト第2試合 JEWELSアマチュアルール -50kg契約 4分1R
△山崎佳代子 (パラエストラ柏)
 (ドロー)
△呉京梅 (CORE)

OPファイト第1試合 JEWELSアマチュアルール -49kg契約 4分1R
×ナナチャンチン (フリー)
 (1R/腕ひしぎ十字固め)
○臼井環 (リバーサルジム東京スタンドアウト)

| コメント(0) | トラックバック(0)

◆J-NETWORK
2011年7月10日(日) 新宿FACE, Tokyo
「J-GIRLS 2011 ~Born This Way 2nd~」 OPEN 17:00 / START 17:30

第9試合
J-GIRLSフライ級次期王者挑戦者決定トーナメント 決勝戦 サバイバルマッチ1
☆MIKA☆ (MA・ワイルドシーサー群馬)
いつか (新宿レフティー)

2011.5.15%20517a.jpg
☆MIKA☆

2011.5.15%20286a.jpg
Itsuka

いよいよ明日に迫った「J-GIRLS 2011 ~Born This Way 2nd~」。
紅絹vs.山田真子、魅津希vs.大石ゆきのなどの注目カードが揃ったが、フライ級の挑戦権をかけたトーナメントも注目したい。
この階級はグレイシャア亜紀がリードしてきたが、それに続く新たな選手が出てきていなかった。
しかしJ-GIRLS5月大会からスタートしてトーナメントで、フレッシュな顔ぶれとなったメンバーが気持ちの入った試合を見せ、今後に期待を持たせてくれた。
まだグレイシャア亜紀と勝ち上がった☆MIKA☆、いつかとは差があると感じるが、明日の試合では差を縮めていると思わせるような試合を期待したい。

その☆MIKA☆、いつかの5月大会終了直後のコメントと写真、そして主催者より届いた直前のコメントを掲載いたします。

| コメント(0) | トラックバック(0)

◆J-NETWORK
2011年7月10日(日) 新宿FACE, Tokyo
「J-GIRLS 2011 ~Born This Way 2nd~」 OPEN 17:00 / START 17:30

メインイベント
第12試合 47kg契約 2分3R
紅絹 (フォルティス渋谷/J-GIRLSミニフライ級1位)
ありがたくメインなんで。 真子選手のおかげ? わかっとるわ! バッチバチのガッツガツのモッツモツで行かせていただきます
山田真子 (team MA☆KO/J-GIRLSアトム級王者)
パンチャー同士と言われてますが、メインに相応しい殴り合いができればお客さんも盛り上がると思います! 紅絹先輩! 1Rから飛ばしていきましょう!! お客さんがまばたきする暇ないような熱い試合をしますので、応援よろしくお願いいたします!

第11試合
J-GIRLSアトム級次期王者挑戦者決定トーナメント 決勝戦 サバイバルマッチ1
美保 (KFG/J-GIRLSアトム級3位)
勝ってタイトルマッチに進みます。頑張ります!!
PIRIKA (NJKF・キングジム/J-GIRLSアトム級5位、BONITA BOXEOアトム級2位)
強い選手を倒して、自信を持ってタイトルマッチに進みたいと思ってます。頑張りますので応援宜しくお願いします

第10試合
J-GIRLSバンタム級次期王者挑戦者決定トーナメント 決勝戦 サバイバルマッチ1
魅津希 (空手道 白心会)
自分のペースに持ち込めれば必ず勝てると思うので、しっかり練習して試合に臨みたいと思います
大石ゆきの (OISHI GYM)
絶対勝ってタイトルマッチにつなげます

第9試合
J-GIRLSフライ級次期王者挑戦者決定トーナメント 決勝戦 サバイバルマッチ1
☆MIKA☆ (MA・ワイルドシーサー群馬)
これまでは他の選手の踏み台のような選手でしたが、今回の試合で勝って、私も明るい場所へ行きたいです。またそれを待っている人のためにも、何としてでも勝ちます。応援よろしくお願いします
いつか (新宿レフティー)
世代交代して、新しい私の時代になるのが楽しみです

第8試合
特別企画 アイスリボン スペシャルプロレスマッチ 【タッグマッチ】
志田光&りほ
つくし&宮城もち
(レフェリー/都宮ちい)

第7試合
J-GIRLSフェザー級次期王者挑戦者決定トーナメント 準決勝 サバイバルマッチ1
超弁慶 (ガムランナック)
私の予想だと、うへーって感じのエグい試合になりそうです。SRSあたりのお客様は血しぶきに注意した方がいいですよ。まあ、そんなに飛ばないとは思いますけどね
MINA (秀晃道場)
弁慶じゃ、牛若丸には勝てませんね

第6試合
55kg契約 2分3R
佐竹のぞみ (鷹虎ジム/J-GIRLSバンタム級7位)
がんばりま~す
谷山佳菜子 (正道会館 東大阪本部)
今回、J-GIRLSに出場させて頂くのは2回目になります。まだまだ駆け出しですが、いずれはJ-GIRLSの看板選手になれるよう頑張りたいと思います。熱い戦いをしますので、応援よろしくお願いします

第5試合
50kg契約 2分3R
白石瑠里 (新日本・藤本ジム)
勝つしかないでしょ!!
NANA (OISHI GYM)※日下部奈々より改名
がんばります!

| コメント(0) | トラックバック(0)

◆DEEP
2011年8月26日(金) 後楽園ホール, Tokyo
「『FIGHT FOR JAPAN』10th Anniversary DEEP 55 IMPACT」 OPEN 17:30 / START 18:00

※出場予定選手
アマンダ・ルーカス (The Skrap Pack)

あの映画「スター・ウォーズ」「インディ・ジョーンズ」を製作したジョージ・ルーカスの愛娘アマンダ・ルーカスが、MMAファイターとしてDEEPに参戦することが決まった。
amanda.JPG
アマンダ・ルーカス(左)、ジョージ・ルーカス(右)

果たして父ジョージ・ルーカスの来日はあるのか!?

アマンダ・ルーカスのコメント
「今回、DEEPに出場できて、日本の皆さんの前で試合をさせて頂けるだけで、ほんとに光栄なことだと思っています。
 この機会を無駄にしないように、どれだけわたしがパッション(情熱)をもってMMAに取り組んでいるか、それが伝わる熱い試合をしたいと思います」

ジョージ・ルーカスのコメント
●アマンダが日本で初めて試合をすることに関しては?
とてもファンタスティクなことだと思う。
わたしはアマンダの決意、そしてこのMMAというスポーツで彼女が成し遂げたことに関して、とても誇りに思っています。
●自分の娘がMMAという競技を選んだことに関して心配はしてませんか?
初めはちょっとナーバスになったけど、今はわたしもMMAというスポーツに関していろいろと知識を得たので、アマンダがLOVEを感じているスポーツに打ち込んでいることにとてもハッピーです。
●MMAファイターとして、そしてひとりの人間としてアマンダの長所は?
アマンダの長所は、MMAに情熱を注いでいること、そしてMMAというスポーツに対してのアプローチが一貫していてまったくブレていないこと、そしてMMAという競技に対して常にフェアなところだと思います。

そして、アマンダのこういった姿勢は彼女の私生活にも反映されると思います。
アマンダはとても誠意があり、常にみんなに親切なんです。
ですからこういったアマンダの性格が、これから彼女がプロフェッナルとしてキャリアを築いていくにあたり、プラス材料になったとしてもわたしとしては驚くことでも何でもないんですよ。

| コメント(0) | トラックバック(0)

◆ジュエルス
2011年7月9日(土) 新宿FACE, Tokyo
「FIGHT FOR JAPAN 女子総合格闘技ジュエルス 15th RING」 OPEN 18:00 / START 18:30(予定)
※オープニングファイトは開場後、本戦開始前の時間帯に実施。

第5試合 JEWELSvsVALKYRIE対抗戦 JEWELS特別ルール ライト級(-52kg)契約 5分2R
セリーナ (ノルウェー/team hellboy hansen/JEWELS) 51.4kg
高林恭子 (ALIVE/VALKYRIE) 51.3kg

2011.7.8%20006aa.jpg

-ジュエルス初参戦です。どのような気持ちですか?
ヤッター!!!という感じですね(笑)。楽しみです。12月の佐々木(絹加)さんが出た興行に来てたので、大会の雰囲気とか試合はワクワクしながら観ていたので、いつかは出てみたいなと思っていたので、今回はお声をかけてもらって試合に出れることは嬉しいです
-あのときの佐々木選手の試合は熱かったですよね。
熱い試合でしたね(笑)。女子としては、ならないだろう試合展開になったので、あれは思い出深いです。私も負けないような試合をしたいです
-相手のセリーナ選手は研究されましたか?
ジュエルスのデビュー戦のときのは観ました。同じ階級で、あれだけ背が高い選手はいないので、試合になったらやり難いだろうなと警戒しております
-グラップラー系同士の戦いですが、どのような試合に?
どうしなければいけないとは決めてないので、お互いに得意なものが似ているので、どちらかが寝技を仕掛けたら寝技の攻防になると思います。でも攻め方は違うので、どのようになるかは観てほしいところです
-一本を獲りたいという気持ちは強い?
一本かKOか、ハッキリ決着がつくスッキリした試合をしたいです
-明日は52kgの有力選手が集まりますが、意識はしますか?
もちろんしますね。一緒に試合に出れるのも嬉しいし、自分の試合があると他の試合はじっくり観れないですけど、本当はお客さんとして観たいようなカードですね。全試合観ていて飽きないものばかりで、いい試合の連続なると思うので観に来てほしいですね
-今、52kg級で誰が一番強いのか決めようよという思いはありますか?
今回のようなカードが組まれていったら自然と全員と当って、おのずと強い選手が生まれるんだろうなとは思ってます
-最後にファンへメッセージを?
私は金網のヴァルキリーで闘っていたので、初めて観るお客さんもいると思うので、その人たちにインパクトを与えられ、ファンになってもらえるような試合をしたいです


全対戦カードは↓

| コメント(0) | トラックバック(0)

◆ジュエルス
2011年7月9日(土) 新宿FACE, Tokyo
「FIGHT FOR JAPAN 女子総合格闘技ジュエルス 15th RING」 OPEN 18:00 / START 18:30(予定)
※オープニングファイトは開場後、本戦開始前の時間帯に実施。

第10試合
JEWELSvsVALKYRIE対抗戦 JEWELS特別ルール ライト級(-52kg)契約 5分2R
ハム・ソヒ (韓国/CMA KOREA TEAM MAD/CMA KPWキック女子ライト級チャンピオン JEWELSライト級GP2010準優勝/JEWELS) 52.16kg→51.9kg
V.V Mei (フリー/第2代VALKYRIEフェザー級チャンピオン/VALKYRIE) 51.8kg

2011.7.8%20067a.jpg
Seo Hee Ham / V.V Mei

ハム・ソヒ
-コンディションは?
とてもいいです
-Vの印象は?
面白いですね。彼女を見るだけどワクワクしますね
-明日はどのように闘いますか?
明日はカラダが(自然と)動くままに闘います
-意気込みは
明日のために練習をたくさんしました。宜しくお願いいたします

V.V Mei
-コンディションは?
今回は早めに準備をしてきたので、体調とかフィジカル面も今までで一番良い状態なので、明日は一番エキサイティングな試合にしたいなと
-相手はストライカー系の選手ですけど対策は?
テイクダウンを狙えたら一番自分の形になると思いますけど、なるべく打撃をもらわないように、自分も打ち返せたらいいなと思います
-いつも作戦を練ったり、闘いのシュミレーションなどは綿密にやるんですか?
最近はゲーム形式で本番を想定した動きの中で、どれだけ自分が狙っている技を出せるかはやっています。あまりこの技を狙って打ち込みを何回かやろうという感じではないです。実践を想定した中でどれだけ動けるかを練習しています
-明日は52kg級は有力選手が揃っていますが意識はしますか?
実力のある選手のカードが揃っているので、絶対に見劣りしてはいけないし、誰にも文句を言わせないぐらい強い自分を見せるつもりで行こうと思います
-明日の試合がありますけど“52kgで誰が一番強いのか決めよう”という思いはありますか?
辻さんと高林さんとは試合をしているので、まだやってない人とやらないと観ている側の人も面白くないのかなと思ってます
-プルコギを食べているイメージはできた?
そろそろ(食べに行く)時間とかを決めないといけないので、(ハム・ソヒ選手に)話しかけるタイミングをうかがってます。試合が終わって即効に帰らないように、フライトの時間もチェックしとかないといけないなと」
-試合終わっても待ってろと(笑)
プルコギ行くぞと!(笑)

プルコギについては、こちらの動画を参照→http://youtu.be/Chyrgqksw1M(3:50頃)


全対戦カード↓

| コメント(0) | トラックバック(0)

◆ジュエルス
2011年7月9日(土) 新宿FACE, Tokyo
「FIGHT FOR JAPAN 女子総合格闘技ジュエルス 15th RING」 OPEN 18:00 / START 18:30(予定)
※オープニングファイトは開場後、本戦開始前の時間帯に実施。

メインイベント
トリノコPresents JEWELSvsVALKYRIE対抗戦 JEWELS特別ルール -52kg契約 5分2R
石岡沙織 (空手道禅道会小金井道場/JEWELS) 51.5kg
辻結花 (総合格闘技闇愚羅/ヴァルキリー初代フェザー級女王/VALKYRIE) 51.5kg
2011.7.8%20060a.jpg
Saori Ishioka / Yuka Tsuji

すでに女子格闘技においてレジェンドというべき存在の辻結花、ジュエルスのエースとして輝く存在の石岡沙織。
交わることのないと思われていた二つの存在が、いよいよ明日リングの上で交わることになる。
果たしてどのような化学反応が起こるのか?この歴史的一戦は絶対に見逃すな!


辻結花
-大きな手術をしましたがコンディションは戻っていますか?
ふつうに動くようになったので、明日は楽しみたいです。とりあえず一回終わったしまったようなカラダだから、治してもらってチャンスをもらったので気楽にいけたらなと
-石岡選手の印象は?
かわいいです
-試合を観て研究とかはされましたか?
ある分は観たんですけど、別に感想はないです
-石岡選手は以前の会見でパウンドで勝つか負けるかだと思うと語っていましたが、辻選手はどんな試合をしたい?
そのときに極められそうな技で決められれば一番いいので、そのときに右ストレートだったら右ストレート、パウンドだったらパウンド、そのときの状況によってカラダが勝手に反応して動くのが理想です
-相手のパンチなどは当てさせない?
当たっても倒れなければ負けではないから、別にどうでもいいです
-今後はジュエルスの選手を一人ずつ倒していく?
むちゃくちゃしたい。
“むちゃくちゃしたれ!”という、岡田監督(阪神時代)が久保田投手に(ピンチで)言った言葉です。良い言葉だなと思って
」※注1
-ガムシャラにという意味ですか?
“むちゃくちゃしたれ!”ですよ(笑)
-明日は52kg級の有力選手が揃っていますが意識はしてますか?
自分とSachiの試合意外はまったく興味がないです
-ファンにメッセージをもらえますか?
本当に良くここまで。自分で言うのもあれですが、本当にここまで来れたなと感謝で一杯です。
それがリングの上で表現できたら、とても良い日になると思います

-明日は会場で新作Tシャツの発売ですか?
はい。宜しくお願いいたします(笑)。

石岡沙織
-コンディションは?
非常に良いです。
-今はリラックスした状態ですか?それとも程よい緊張感がありますか?
半々ぐらいです
-改めて辻選手の印象は?
本当に殴るのが好きな選手なんだなと。そこにいるだけで空気が変わるなと
-さきほど辻選手が「むちゃくちゃしたい」と言ってましたが?
前回の試合で思うようにできなくてフラストレーションが溜まっていると思うんで、それをぶつけてくると思うんで、焦ってミスをしてくれればソコを突いていきたい
-パンチが当たっても倒れなければ負けないとも言ってましたが?
当たったら倒します!
-自分のパンチが当たれば倒れる?
当たれば倒れると思います
-明日はどんな試合になる?
打撃で私がKOするか、パウンドでやられるか
-52kg級の選手が揃っていますが対抗意識はしてますか?
そこまでは意識をめぐらす余裕がないですね。一人の選手にしか向けられないです
-改めてファンへメッセージをもらえますか?
2度とないような興行になると思うので、立見でもいいので観に来てほしいです


※注1
2005年9月のプロ野球の阪神vs.中日戦で、サヨナラ負けのピンチを作ってしまった阪神の久保田投手に岡田監督(当時)がまうんどに行って言ったとされる言葉。
これで開き直ったか?久保田投手は全て直球で二者を三振に仕留め、絶体絶命のピンチから脱出した。

全対戦カード↓

| コメント(0) | トラックバック(0)

◆ジュエルス
2011年7月9日(土) 新宿FACE, Tokyo
「FIGHT FOR JAPAN 女子総合格闘技ジュエルス 15th RING」 OPEN 18:00 / START 18:30(予定)
※オープニングファイトは開場後、本戦開始前の時間帯に実施。

第9試合
JEWELS公式ルール ライト級(-52kg)契約 5分2R
藤井惠 (AACC) 51.6kg
長野美香 (CORE) 51.9kg
2011.7.8%20072a.jpg
Megumi Fujii / Mika Nagano

長野美香はデビュー戦でいきなり藤井惠と対戦して、わずか80秒で一本負けを喫した。
あれから約3年半の月日が流れ、長野は壁にぶつかりながらも前へ進み、そして再び藤井の前に立つことになった。
長野が藤井という頂を越えることができるのか?それとも藤井が改めて頂の高さを見せるのか?
決戦を控えた両選手の直前コメントです。


藤井惠
-コンディションは?
「練習の追い込みで疲れが抜けなかったのですけど、昨日ぐらいから良くなりました」
-久しぶりのジュエルスのリングですが?
「いつも大会は観に来ていたのでかけ離れている感じはないので、いつも通り闘えればと思います」
-長野選手との再戦になりますが?
「試合したのは3年ぐらい前なので、前回のことは考えないで、今の長野さんの強さとかスタイルだったりをしっかり研究してきたので、その(成果を)出せるような自分の闘いをしたいです」
-最後に意気込みを
「すごい良いカードばっかりですけど、ずっと長野さんが良い流れを作ってきてくれて中で、世代交代という意味合いも含まれてありますが、良い闘いをして力を出し切りたいと思います」

長野美香
-コンディションは?
今は良いですけど、明日どうなるかちょっと不安です。
-藤井選手との再戦ですが?
現実的すぎて緊張してます。今回は藤井に対して敬意をもって試合をしたいと思います。
-世代交代という言葉もありますが?
「藤井さんの存在が大きすぎて、そこまでは考えられないのですけど、やるからには藤井さんのフジ山を登っていくように、どこまで粘られるか気持ちを見せていきたいと思います」
-最後に意気込みを
「今回はマウントフジレインボーで勝ちます。相手を見るとか待つとかの癖があるんですけど、今回は自分から前に行って自分からチャンスを作っていきたいです」


全対戦カード↓

| コメント(0) | トラックバック(0)

※当日券は17時30分~立見券を若干枚発売!

◆ジュエルス
2011年7月9日(土) 新宿FACE, Tokyo
「FIGHT FOR JAPAN 女子総合格闘技ジュエルス 15th RING」 OPEN 18:00 / START 18:30(予定)
※オープニングファイトは開場後、本戦開始前の時間帯に実施。

メインイベント
トリノコPresents JEWELSvsVALKYRIE対抗戦 JEWELS特別ルール -52kg契約 5分2R
石岡沙織 (空手道禅道会小金井道場/JEWELS) 51.5kg
辻結花 (総合格闘技闇愚羅/ヴァルキリー初代フェザー級女王/VALKYRIE) 51.5kg
2011.7.8%20050a.jpg

第10試合
JEWELSvsVALKYRIE対抗戦 JEWELS特別ルール ライト級(-52kg)契約 5分2R
ハム・ソヒ (韓国/CMA KOREA TEAM MAD/CMA KPWキック女子ライト級チャンピオン JEWELSライト級GP2010準優勝/JEWELS) 52.16kg→51.9kg
V.V Mei (フリー/第2代VALKYRIEフェザー級チャンピオン/VALKYRIE) 51.8kg
2011.7.8%20038a.jpg

第9試合
JEWELS公式ルール ライト級(-52kg)契約 5分2R
藤井惠 (AACC) 51.6kg
長野美香 (CORE) 51.9kg
2011.7.8%20031a.jpg

第8試合
JEWELS特別ルール -61kg契約 5分2R
赤野仁美 (AACC/第2代SMACKGIRLミドル級女王) 60.7kg
ロクサン・モダフェリ (米国/フリー/FFFライト級チャンピオン) 59.5kg
2011.7.8%20022a.jpg

第7試合
JEWELS特別ルール -65kg契約 5分2R
HIROKO (マスタージャパン/第4代SMACKGIRL無差別級女王) 64.9kg
エスイ (モンゴル/スマッシュ小路道場) 64.4kg
2011.7.8%20017a.jpg

第6試合 JEWELSキックルール -53.52kg契約 2分3R
林美久 (バンゲリングベイ・スピリット) 52.8kg
anna (FIGHT CHIX) 51.2kg
2011.7.8%20011a.jpg

第5試合 JEWELSvsVALKYRIE対抗戦 JEWELS特別ルール ライト級(-52kg)契約 5分2R
セリーナ (ノルウェー/team hellboy hansen/JEWELS) 51.4kg
高林恭子 (ALIVE/VALKYRIE) 51.3kg
2011.7.8%20043a.jpg

第4試合 JEWELSvsVALKYRIE対抗戦 JEWELS公式ルール -48kg契約 5分2R
石川菊代 (リバーサルジム横浜グランドスラム/JEWELS) 47.6kg
Sachi (総合格闘技闇愚羅/VALKYRIE) 47.7kg

第3試合 JEWELSキックルール -60kg契約 2分3R
千佳子WSR (WSRフェアテックス) 59.5kg
中森華子 (JWP) 58.7kg

第2試合 JEWELSキックルール -50kg契約 2分3R
トモコSP (WSRフェアテックス) 50.4kg→50.0kg
茶谷薫 (誠至会) 48.9kg

第1試合 JEWELS公式ルール -48kg契約 5分2R
MIYOKO (GRABAKAジム) 夕方計量
奥村ユカ (SOUL FIGHTERS JAPAN) 48.5kg(再計量)

| コメント(0) | トラックバック(0)

※当日券は17時30分~立見券を若干枚発売!

◆ジュエルス
2011年7月9日(土) 新宿FACE, Tokyo
「FIGHT FOR JAPAN 女子総合格闘技ジュエルス 15th RING」 OPEN 18:00 / START 18:30(予定)
※オープニングファイトは開場後、本戦開始前の時間帯に実施。

メインイベント
トリノコPresents JEWELSvsVALKYRIE対抗戦 JEWELS特別ルール -52kg契約 5分2R
石岡沙織 (空手道禅道会小金井道場/JEWELS)
辻結花 (総合格闘技闇愚羅/ヴァルキリー初代フェザー級女王/VALKYRIE)

第10試合
JEWELSvsVALKYRIE対抗戦 JEWELS特別ルール ライト級(-52kg)契約 5分2R
ハム・ソヒ (韓国/CMA KOREA TEAM MAD/CMA KPWキック女子ライト級チャンピオン JEWELSライト級GP2010準優勝/JEWELS)
V.V Mei (フリー/第2代VALKYRIEフェザー級チャンピオン/VALKYRIE)

第9試合
JEWELS公式ルール ライト級(-52kg)契約 5分2R
藤井惠 (AACC)
長野美香 (CORE)

第8試合
JEWELS特別ルール -61kg契約 5分2R
赤野仁美 (AACC/第2代SMACKGIRLミドル級女王)
ロクサン・モダフェリ (米国/フリー/FFFライト級チャンピオン)

第7試合
JEWELS特別ルール -65kg契約 5分2R
HIROKO (マスタージャパン/第4代SMACKGIRL無差別級女王)
エスイ (モンゴル/スマッシュ小路道場)

| コメント(0) | トラックバック(0)

◆MAキックボクシング
2011年7月17日(日) アイテムえひめ, Ehime
「~雷 舞~ “来光RIKOU”」 OPEN 16:00 / START 16:30

エキシビジョンマッチ 3分2R
中井りん (修斗道場四国/VALKYRIE無差別級王者)
WILD宇佐美

ヴァルキリー無差別級王者の中井りんが、地元で総合格闘技ルールの試合を予定していたが、対戦相手が見つからずにエキシビジョンマッチに変更となった。
その相手を務めるのは、中井が所属する修斗道場四国のWILD宇佐美館長。
宇佐美館長は現役時代は修斗で活躍して、その後は指導者として中井りんをチャンピオンへと育てた。
エキシビジョンながら師弟対決となった。

■お問い合わせ
武勇会館 089(921)7909

2011.4.24%20863a.jpg
Rin Nakai

| コメント(0) | トラックバック(0)

[PR]注目チケットはこちら チケットぴあ
指定席は完売!立見券も残りわずか!

◆ジュエルス
2011年7月9日(土) 新宿FACE, Tokyo
「FIGHT FOR JAPAN 女子総合格闘技ジュエルス 15th RING」 OPEN 18:00 / START 18:30(予定)

※追加カード
OPファイト JEWELSアマチュアキックルール -53kg契約 2分2R
新垣聖羅 (WSR蕨ジム/J-GIRLS U-15ミニフライ級チャンピオン、M-1 40kg級チャンピオン)
佐藤和乃 (新興ムエタイジム)

OPファイト JEWELSアマチュアキックルール -44kg契約 2分2R
伊藤紗弥 (尚武会/国際Jrキックボクシングチャンピオン)
吉良千宙 (魁塾)

■プロフィール
新垣聖羅
1996年生まれの若干14歳ながら、J-GIRLS U-15ミニフライ級チャンピオン、M-1 40kg級チャンピオンのジュニア2冠タイトルを保持しており、J-GIRLS U-15ミニフライ級タイトル決定戦では本命と目されていた日下部奈々(OISHI)を下している要注目選手です。

伊藤紗弥
1999年生まれの現在12歳。4歳の時からキックボクシングを始め、アマチュアではそのほとんどが男子を対戦相手に66戦55勝8敗3分(19KO)という驚異の戦績を誇り、天才ムエタイ少女として度々メディアに取り上げられています。


※発表済み対戦カード↓

| コメント(0) | トラックバック(0)

[PR]注目チケットはこちら チケットぴあ

◆J-NETWORK
2011年7月10日(日) 新宿FACE, Tokyo
「J-GIRLS 2011 ~Born This Way 2nd~」 OPEN 17:00 / START 17:30

「アイスリボン」提供のスペシャルプロレスマッチのカードが発表された。

第8試合
特別企画 アイスリボン スペシャルプロレスマッチ 【タッグマッチ】
志田光&りほ
つくし&宮城もち
(レフェリー/都宮ちい)

2011.7.10Hika2.jpg
志田光&りほ

2011.7.10Tsuku2.jpg
つくし&宮城もち

2011.7.10Chii.jpg
(レフェリー/都宮ちい)

アマチュア4試合も追加され、これで全12試合と試合順が決定した。

メインイベント
第12試合 47kg契約 2分3R
紅絹 (フォルティス渋谷/J-GIRLSミニフライ級1位)
山田真子 (team MA☆KO/J-GIRLSアトム級王者)

| コメント(0) | トラックバック(0)

[PR]注目チケットはこちら チケットぴあ

◆J-NETWORK
2011年7月10日(日) 新宿FACE, Tokyo
「J-GIRLS 2011 ~Born This Way 2nd~」 OPEN 17:00 / START 17:30

47kg契約 2分3R
紅絹 (フォルティス渋谷/J-GIRLSミニフライ級1位)
山田真子 (team MA☆KO/J-GIRLSアトム級王者)

Momi
2011.7.10Momi.jpg
(C)J-NETWORK

2011.7.30Mako.jpg
(C)J-NETWORK

昨年12月に若干16歳でベルトを手にした山田真子。
プロデビューしてから5戦4勝1分と負けなしだが、年内に予定されている防衛戦を前に試練の一戦となる。
対戦相手となる紅絹は、山田より一階級上のミニフライ級1位の選手。
過去に2度タイトルマッチに挑むなど、プロでの経験値は上回る。

山田は回転力の早いパンチと攻撃的なファイトスタイル、紅絹はハードパンチャーとして戦歴を重ねてきた。
この二人ならでは熱い打ち合いとなるのか?
気になる両選手の直前コメントが、主催者のJ-NETWORKより届いた。

| コメント(0) | トラックバック(0)

◆ライズ
2011年7月23日(土) 後楽園ホール, Tokyo
「RISE 80(ライズ エイティー)」 START 17:00 / OPEN 17:30(予定)

-49kg以下契約 3分3ラウンド延長1ラウンド
神村エリカ (TARGET/WPMF&WMC世界女子ミニフライ級王者)
ティティアナ・ヴァン・ポラーナ (シュートボクシングオランダ/チーム・サワー/WFCA世界ムエタイ2階級王者、WFCAムエタイオランダ王者)

Titiana00a.jpg

6月の「RISE 78」で女子では初のメインイベンターを務め、世界六冠のシルビア・ラノッテをTKOで下した神村エリカの対戦相手が決定した。
用意されたのはアンディ・サワーからの刺客・ティティアナ・ヴァン・ポラーナ。
ティティアナはWFCAオランダタイトル1つとWFCA世界ムエタイタイトルを2つ保持しており、ベストウェイトの50kg以下では対戦相手がいない為、通常体重に近いスーパーバンタム級からスーパーフェザー級で同タイトルを獲得している。
主催者によると身長164cm、戦績は23戦17勝5敗1分(4KO)でパンチ主体のアグレッシブファイターでありながら、モデルやレポーター業もこなす女子選手だという。

神村エリカとシュートボクシングには因縁がある。
4月大会でRENAとエキシビションマッチを行い、エキシながらダウンを二つ奪った。
さらにRENA、SB王者の高橋藍が出場する来月19日のSB「Girls-Scup」に神村の参戦も決まっている。
ライバルたちが揃う大会を前に、まずはアンディ・サワーが用意した刺客を倒し、そしてシュートボクシングのリングに乗り込みたいところ。


■アンディ・サワーコメント↓

| コメント(0) | トラックバック(0)

[PR]注目チケットはこちら チケットぴあ
VIP席、カウンター席は完売!

◆ジュエルス
2011年7月9日(土) 新宿FACE, Tokyo
「FIGHT FOR JAPAN 女子総合格闘技ジュエルス 15th RING」 OPEN 18:00 / START 18:30(予定)

キックルール1試合とアマチュアルール2試合が追加。
指定席のチケットが完売のため、立見券を追加で販売されることになった。

※追加カード
JEWELSキックルール -50kg契約
トモコSP (WSRフェアテックス)
茶谷薫 (誠至会)

OPファイト JEWELSアマチュアルール -49kg契約
ナナチャンチン (フリー)
臼井環 (リバーサルジム東京スタンドアウト)

OPファイト JEWELSアマチュアルール -50kg契約
山崎佳代子 (パラエストラ柏)
呉京梅 (CORE)

辻結花、藤井惠と激突の石岡沙織&長野美香が公開練習! (格闘王国)
石岡沙織
「全く交わることのない選手だと思っていた。パウンドは怖いが、勝つにしてもやられるにしてもパウンドだと思う。勝たなきゃいけないが“絶対に勝ちたい”っていうのとはちょっと違う」
長野美香
「この試合が目標だったので、今はすごい緊張はしている。目標は判定までいきたい。どんどん食らいついて燃え尽きるまでやりたい。互角に闘いたい」


※発表済み対戦カード↓

| コメント(0) | トラックバック(0)

[PR]注目チケットはこちら チケットぴあ

◆J-NETWORK
2011年7月10日(日) 新宿FACE, Tokyo
「J-GIRLS 2011 ~Born This Way 2nd~」 OPEN 17:00 / START 17:30

J-GIRLSバンタム級次期王者挑戦者決定トーナメント 決勝戦 サバイバルマッチ1
魅津希 (空手道 白心会)
大石ゆきの (OISHI GYM)

Mizuki
2011.7.10Mizuki3.jpg
(C)J-NETWORK

Yukino Ohishi
2011.7.10Yukino3.jpg
(C)J-NETWORK

最も激戦となったバンタム級の挑戦者決定トーナメントで、決勝戦まで勝ち抜いたのは現役女子高生ファイターである魅津希と大石ゆきの。
デビュー当初から鮮烈な闘いで注目された二人が、ベルト挑戦権の懸かった舞台で対峙することになった。
これに勝利してタイトルマッチまでたどり着くのは、総合とキックのチャンピオンを目指す魅津希か?それとも兄・駿介と姉・綾乃につづきチャンピオンを目指す大石ゆきのか?
主催者より直前コメントが届いた。

| コメント(0) | トラックバック(0)

PROFILE

akira

フリーのライター&カメラマン

過去の記事は↓
http://joshikaku.jugem.cc/

お仕事は↓
giantcorn3939◆yahoo.co.jp
(◆→@)


■「gravity - 女子格闘技ニュース」
携帯版
http://kakutoh.com/pc/blog/gravity/m/
QRcode.JPG

2012年10月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

女子選手ブログ(更新順)

bana-ledis.gif

▲PAGE TOP