TOP >> BLOG >> gravity - 女子格闘技ニュース

2011年1月アーカイブ

◆J-NETWORK
2011年1月30日 (日) 新宿FACE, Tokyo
「J-GIRLS Catch The stone~12」 OPEN 17:00 / START 17:30

第7試合 トリプルメインイベント
J-GIRLSバンタム級次期王者挑戦者決定トーナメント 一回戦 サバイバルマッチ1
 ×加賀有美子 (Yumiko Kaga/名古屋JKF/J-GIRLSバンタム級8位)
 (判定0-3) *28-29/28-30/28-30
 ○陣内まどか (Madoka Jinnai/フォルティス渋谷/J-GIRLSバンタム級2位)
体が重かったという陣内は加賀の前へ出てくる圧力に苦戦するも、前蹴りやロー、そしてパンチの連打で有効打で上回り判定勝利。
2011.1.30%20061a.jpg 2011.1.30%20116a.jpg

第6試合 トリプルメインイベント
J-GIRLSバンタム級次期王者挑戦者決定トーナメント 一回戦 サバイバルマッチ1
 ×谷村郁江 (Ikue Tanimura/リアルディール/J-GIRLSバンタム級6位)
 (判定0-2) *29-30/29-29/29-30
 ○大石ゆきの (Yukino Oishi/OISHI GYM)
谷村が接近戦からパンチの連打とロー、それに対して大石も右ロー、左ストレート、さらに左ボディーをヒットさせる。接近戦となった試合は両者ともにアグレッシブに攻めたが、僅差で大石が判定勝利した。
2011.1.30%20599a.jpg 2011.1.30%20716a.jpg

第5試合 トリプルメインイベント
J-GIRLSバンタム級次期王者挑戦者決定トーナメント 一回戦 サバイバルマッチ1
 ×佐竹のぞみ (Nozomi Satake/鷹虎ジム/J-GIRLSバンタム級7位)
 (判定0-2) *29-29/28-29/28-30
 ○魅津希 (Mizuki/白心会)
魅津希が左ジャブ、ロー、そしてボディーへパンチを入れると、佐竹も負けずに左フック、ローを返していく。魅津希はジャブから懐に飛び込んでパンチをラッシュすると、粘る佐竹を振り切り判定で勝利した。
2011.1.30%20447a.jpg 2011.1.30%20480a.jpg

メイン終了後にトーナメント準決勝の抽選会がおこなわれ、陣内まどかvs.魅津希と大石ゆきのvs.難波久美子(シード選手)の組み合わせが決定した。
J-GIRLSバンタム級トーナメント
写真は左から魅津希、大石ゆきの、陣内まどか

| コメント(0) | トラックバック(0)

◆J-NETWORK
2011年1月30日 (日) 新宿FACE, Tokyo
「J-GIRLS Catch The stone~12」 OPEN 17:00 / START 17:30 (予定)

※追加カード

第3試合
新春特別企画 スペシャルエキシビションマッチ  2分2R
 日下部奈々(Nana Kusakabe/OISHI GYM/J-GIRLS U-15 ミニフライ級1位) 
 紅絹 (Momi/フォルティス渋谷/J-GIRLSミニフライ級1位)

U-15(15歳以下)ミニフライ級のランキング1位になっている日下部奈々は、今春に中学校を卒業して、いよいよプロへの道と続いていくが、そのプロ前哨戦としてミニフライ級1位の紅絹の胸を借りてスペシャルエキシビションマッチを行うことになった。
エキシといえどガチンコ必至!?
2011.1.30Kusakabe1.jpg
Nana Kusakabe (左)、Momi (右)

第4試合
新春特別企画 アイスリボン スペシャルプロレスマッチ
 藤本つかさ&みなみ飛香[Fujimoto Tsukasa& Minami Hikaru]
 さくらえみ&りほ[Sakura Emi& Riho]
 ※(レフェリー)志田光

また2009年度・東京スポーツ大賞の女子プロレスMVPに輝いた、さくらえみ選手率いる『アイスリボン・女子プロレス』からスペシャルマッチが提供されることになった。

Minami1.jpg
Fujimoto Tsukasa、Minami Hikaru
Riho1.jpg
Sakura Emi& Riho
Shida1.jpg
Hikaru Shida

| コメント(0) | トラックバック(0)

◆J-NETWORK
2011年1月30日 (日) 新宿FACE, Tokyo
「J-GIRLS Catch The stone~12」 OPEN 17:00 / START 17:30 (予定)

※追加カード
フライ級(50.80kg以下)契約 サバイバルマッチ1
 三堀美弥子 (Miyako Mitsuhori/Y'ZD GYM)
 小田巻洋子 (Yoko Odamaki/レグルス池袋)

昨年11月に行われたアマチュア最大規模の大会『J-NETWORK アマチュア全日本選手権大会』にて、女子Aリーグ(ヘッドギアなし)-50kgトーナメント決勝戦にて対峙した三堀と小田巻。
そのときは判定1-2で小田巻が優勝した。
二人がプロとなり、J-GIRLSの舞台でふたたび激突する。

小田巻はこれまでアマチュア戦を無敗で上がってきたビジュアル系ファイター。
満を持してのデビュー戦も白星発進すると息巻いている。

一方の三堀は全日本の1ヶ月後、J-GIRLSディファ有明大会に怒涛の連続参戦し、J-GIRLS韓国50kgトーナメント2010王者のイジウォンを相手に一歩も引かないファイトを見せ会場を沸かせた。

果たして勝利の女神を引き寄せるのは小田巻か?三堀か?

2011.1.30yoko1.jpg
Miyako Mitsuhori (左)、Yoko Odamaki (右)

そのほかのアマチュア1試合が決定している。

アマチュアBリーグ -50kg級  1分2R
 網野弥生 (Yayoi Amino/大誠塾)
 立川友見 (Yumi Tachikawa/レグルス池袋)

| コメント(0) | トラックバック(0)

◆DEEP
2011年2月25日(金) 後楽園ホール、 Tokyo
「10th Anniversary DEEP 52 IMPACT」 OPEN 17:30 / OPEN 18:00

 石岡沙織 (禅道会)
 ハム・ソヒ (CMA KOREA)

2011.1.26%20020a.jpg

26日、都内のDEEPオフィシャルジムにて2.25「DEEP 52 IMPACT」後楽園ホールの追加カードが発表され、延期となった1月のDEEPマカオ大会に出場予定だった石岡沙織が、2月大会にスライドする形でDEEPに初参戦。
対戦相手にはジュエルスのライト級トーナメントで準優勝した韓国のハム・ソヒに決まった。

| コメント(0) | トラックバック(0)

◆レベルス
2011年1月23日(日) ディファ有明、 Tokyo
「REBELS.6」

WPMFアトム級王座決定戦 2分5回戦 WPMF日本ルール
 ○ Little Tiger (F・TEAM TIGER/J-GIRLSアトム級王者)
 (判定3-0) ※49-48/48-47/49-48
 ×山田純琴 (y-park/NJKF/BONITA BOXEOアトム級1位)
※Tigerが初代アトム級王者になる

ミニマム級 2分3回戦 WPMF日本特別ルール (肘打ち及び首相撲、頭部への膝蹴りなし)
 ○飯田なお (新宿レフティージム)
 (判定3-0) ※30-28/30-28/30-27
 ×宗田智美 (ボスジム/第4回J-NETWORKアマチュア全日本選手権大会Bリーグ女子-45kg級優勝)

| コメント(0) | トラックバック(0)

◆NJKF
2011年1月23日(日) 後楽園ホール、 Tokyo
「NEW JAPAN BLOOD 1」 OPEN 16:45 / START 17:00

セミファイナル
WBCムエタイ日本女子フェザー級王座決定戦 2分5R
 ×AZUMA (Azuma/y-park/NJKF BONITA BOXEOフェザー級王者)
 (判定1-2)※48-47/47-48/47-49
 ○大石綾乃 (Ayano Oishi/OISHI/J-GIRLSフェザー級王者)
※大石が初代王者に輝く
2011.1.23%20613a.jpg

第6試合
BONITA BOXEO アトム級 3分3R
 ×美保 (Miho/KFG/J-GIRLSアトム級4位)
 (判定0-3)※29-30/28-30/28-30
 ○ PIRIKA (Pirika/ミルキーウェイ/J-GIRLSアトム級5位)
2011.1.23%20297a.jpg


緑でお馴染みのWBCのベルトを賭け、AZUMAと大石綾乃の間で争われた。
両者の対戦成績はAZUMAの一戦一勝。

大石は前へ圧力をかけながら距離を詰めていくのに対して、AZUMAは攻撃の後に足を使いながら相手の攻撃をかわしていく。
組んでからの攻撃が有効のWBCルールで、両者共に組んでからヒザ蹴り、そして積極的にヒジも出していく。
3ラウンドにはAZUMAがボディーへのヒザでダメージを与え、一気に優勢に試合を進めるのかと思われた。
しかし、ここから大石が粘り強さを発揮して、前への圧力を増していくと、組んでから膝蹴りで流れを変えていくと、最終5ラウンドも首相撲でAZUMAを捕らえる。
試合は僅差となったが、後半に攻勢をかけた大石がスプリットの判定で制して、J-GIRLSの王座につづき、二本目のベルトを手にした。


第6試合には共にJ-GIRLS初参戦の美保とPIRIKAが対戦した。
両者はJ-GIRLSで対戦しており、そのときは美保が判定で勝利している。

序盤は美保がリーチをいかして前蹴りなどで距離を取って戦うが、2ラウンド以降はPIRIKAがバックブロー、右ストレートをヒットさせ、さらに右のハイキックもヒットさせる。
勢いに乗ったPIRIKAは3ラウンドも攻勢をかけ、判定でリベンジに成功した。
試合後、マイクを持ったPIRIKAはNJKF加盟ジムのキングジムへ移籍して、今後は女子部門BONITA BOXEOでの活躍を誓った。

| コメント(0) | トラックバック(0)

◆レベルス
2011年1月23日(日) ディファ有明、 Tokyo
「REBELS.6」

ミニマム級 2分3回戦 WPMF日本特別ルール (肘打ち及び首相撲、頭部への膝蹴りなし)
 飯田なお (新宿レフティージム)
 宗田智美 (ボスジム/第4回J-NETWORKアマチュア全日本選手権大会Bリーグ女子-45kg級優勝)

iidanao-win-500a.jpg
テコンドー全日本王者にして“アイドル女子高生ファイター”飯田なおのプロ第2戦目が決定した。
昨年12月にプロデビュー戦ではダウンを奪うなどで勝利して注目を集めているが、今回もデビュー戦から追っているフジテレビ『すぽると』、TBS『みのもんたの朝ズバッ!』に加えて、テレビ朝日『やじうまテレビ!~マルごと生活情報局~』の取材も入っているという。

その飯田の対戦相手には、プロデビュー戦となるボスジムの宗田智美。
この宗田、飯田に勝らぬとも劣らないタレント性を持っており、ニッポン放送「ショウアップナイターニュース」レポーターなどをこなす現役アナウンサーである。
しかも、アマチュアで12戦11勝(7KO)1敗という驚異的な勝率とKO率を誇り、J-NETWORKアマチュア全国選手権女子45kg級で優勝している。

どんな試合になるのか楽しみである。

| コメント(0) | トラックバック(0)

◆SRC
2010年12月30日(木) 有明コロシアム
「戦極 Soul of Fight」 OPEN 10:00 / START 11:00

第14試合
VALKYRIE提供試合 無差別級 3分3R女子MMA:無差別級ワンマッチ
 ○中井りん(初代VALKYRIE無差別級王者/修斗道場四国)
 (1R2:09/アームロック)
 × HARI(TIGHT CHIX)

IMG_0981.JPG

IMG_0995.JPG

| コメント(0) | トラックバック(0)

◆T-1
2011年1月23日 (日) 株式会社UGP・4階会議室 http://www.ugp.co.jp/
「ガチトーク“フタ・ミ塾”vol.24 二見社長×長尾メモ8~総合格闘技大放談~」
開場 / 18:50 開始 / 19:00 終了 / 21:30

以下リリースより

総合格闘技大放談&ヤバい話…!?長尾メモ8氏と二見社長のガチトーク!


1月23日(日)19時から水道橋「株式会社UGP・4階会議室」にて、ガチトーク“フタ・ミ塾”vol.24 二見社長×長尾メモ8~総合格闘技大放談~を開催いたします。

かつて「スマックガール」を運営、現在は「女子格闘技ヴァルキリー」や「ケージフォース」のを裏方として支えている長尾メモ8氏を招いて、ここでしか聞けない極上の話を聞こうかと思っています。

総合格闘技ファン必見のガチトーク、この貴重な機会をお見逃しのないよう、多くの方々のご参加をお待ちしています。

| コメント(0) | トラックバック(0)

◆SRC
2010年12月30日(木) 有明コロシアム
「戦極 Soul of Fight」 OPEN 10:00 / START 11:00

第25試合
戦極Soul of Fightスペシャルマッチ SRCレディースルール53.5kg級 5分3R
 ○藤井惠 (Megumi Fujii/AACC)
 (判定3-0)※30-27/30-29/30-28
 ×藤野恵実 (Emi Fujino/和術慧舟會GODS)

Emi Fujino

Megumi Fujii

| コメント(0) | トラックバック(0)

◆Krush
2011年1月9日(日) 後楽園ホール、 Tokyo
「Krush初代王座決定トーナメント ~Round.2~」 OPEN 17:00 / START 18:00
(17:15オープニングファイト開始)

オープニングファイト第2試合
女子フェザー級 (57.15kg) K-1ルール 2分3R
 ○佐々木仁子(チームドラゴン/前J-GIRLSフェザー級王者)
 (判定3-0) ※30-29/30-29/29-28
 ×MINA(秀晃道場)

| コメント(0) | トラックバック(0)

◆J-NETWORK
2011年1月30日 (日) 新宿FACE, Tokyo
「J-GIRLS Catch The stone~12」 OPEN 17:00 / START 17:30 (予定)

全階級で実施される次期王者挑戦者決定トーナメント。
今年のJ-GIRLSで最も熱くなりそうなのがバンタム級だが、その一回戦3試合が決定した。

J-GIRLSバンタム級次期王者挑戦者決定トーナメント 一回戦 サバイバルマッチ1
 佐竹のぞみ (Nozomi Satake/鷹虎ジム/J-GIRLSバンタム級7位)
 魅津希 (Mizuki/白心会)

J-GIRLSバンタム級次期王者挑戦者決定トーナメント 一回戦 サバイバルマッチ1
 谷村郁江 (Ikue Tanimura/リアルディール/J-GIRLSバンタム級6位)
 大石ゆきの (Yukino Oishi/OISHI GYM)

J-GIRLSバンタム級次期王者挑戦者決定トーナメント 一回戦 サバイバルマッチ1
 加賀有美子 (Yumiko Kaga/名古屋JKF/J-GIRLSバンタム級8位)
 陣内まどか (Madoka Jinnai/フォルティス渋谷/J-GIRLSバンタム級2位)


現王者の水野志保への挑戦権をかけたトーナメントで、本命というべき選手はWヒロインズカップ(56kg以下)を制した陣内まどか。
陣内まどか
Madoka Jinnai

一階級上の選手を下しての優勝した闘いは、バンタム級だけではなく、J-GIRLSを背負うべき選手であることを示した。
今年はJ-GIRLSの王座を手にすることができるのか?一回戦は王者・水野と同門の加賀有美子と対戦。
2011.1.30Kaga1.jpg
Yumiko Kaga

| コメント(0) | トラックバック(0)

◆DEEP
2011年1月8日 (土・現地時間)
「DEEP MAYHEM in Macau」 The Venetian Macao-Resort-Hotel Cotai Arena
OPEN 18:00 / START 19:00

10周年となるDEEPが、第1弾大会として予定していた「DEEP MAYHEM IN MACAO」を延期するとDEEP事務局より発表された。

延期の理由は
「プロモーションの期間が短く、チケットの売り上げが芳しくないため、主催者のザ ヴェネチアン マカオ リゾート ホテルが延期を決定。
 今後、再度日程の調整を行い、新たな開催日時を発表させていただきます。」

またDEEP佐伯代表のコメントも発表され
「このたびDEEPマカオ大会が延期となり非常に残念です。
 何より楽しみにしていたマカオ、香港の格闘技ファン、そして年末、年始と練習に励んできた出場選手には本当に申し訳ない気持ちで一杯です。
 なるべく早い時期に開催できるよう努力いたしますのでよろしくお願いいたします。」

*お問い合わせ
DEEP事務局 TE052-339-0303


*石岡沙織vs.アン■DEEP/1.8マカオ

| コメント(0) | トラックバック(0)

◆DEEP
2011年1月8日 (土・現地時間)
「DEEP MAYHEM in Macau」 The Venetian Macao-Resort-Hotel Cotai Arena
OPEN 18:00 / START 19:00

第6試合
DEEP女子MMAルール 52kg以下契約 5分2R
 石岡沙織 (禅道会)
 アン (Muay Chaiya)


*マカオ大会参戦の石岡が現地で会見!バット折り披露! (2010.11.30)

*出場日本人選手が意気込み (2010.12.11)

| コメント(0) | トラックバック(0)

PROFILE

akira

フリーのライター&カメラマン

過去の記事は↓
http://joshikaku.jugem.cc/

お仕事は↓
giantcorn3939◆yahoo.co.jp
(◆→@)


■「gravity - 女子格闘技ニュース」
携帯版
http://kakutoh.com/pc/blog/gravity/m/
QRcode.JPG

2012年10月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

女子選手ブログ(更新順)

bana-ledis.gif

▲PAGE TOP