TOP >> BLOG >> gravity - 女子格闘技ニュース

2010年7月アーカイブ

◆ジュエルス
2010年7月31日(土) 新宿FACE、 Tokyo
「ジュエルス ライト級GP2010~ジュエルス初代ライト級女王決定トーナメント開幕戦~」
OPEN 17:30 / START 18:15

今大会の写真は以下で掲載していただきました。
http://gbring.com/sokuho/result/result2010_07/0731_jewels.htm(GBR)


メインイベント
ジュエルス初代ライト級女王決定トーナメント 1回戦 JEWELS公式ルール 5分2R
 ×石岡沙織(空手道禅道会小金井道場)
 (判定0-3)
 ○能村さくら(CB IMPACT)

セミファイナル
ジュエルス初代ライト級女王決定トーナメント 1回戦 JEWELS公式ルール 5分2R
 ○ハム・ソヒ[HAM SEO HEE] (韓国/ CMA KOREA)
 (判定3-0)
 ×市井舞(アイスリボン)

第8試合 ジュエルス初代ライト級女王決定トーナメント 1回戦 JEWELS公式ルール 5分2R
 ×セリーナ(ノルウェー/team hellboy hansen)
 (1R2:52/腕ひしぎ十字固め)
 ○長野美香(CORE)

第7試合 ジュエルス初代ライト級女王決定トーナメント 1回戦 JEWELS公式ルール 5分2R
 ○浜崎朱加(AACC)
 (1R0:48/アームロック)
 ×イ・ハンソル[LEE HAN SOL](韓国/CMA KOREA UF GYM)

第6試合 JEWELS公式ルール -48kg契約 5分2R
 ○瀧本美咲(空手道禅道会横浜支部)
 (1R2:10/チョークスリーパー)
 ×リサ・ニュートン[Lisa Newton](イギリス/Team Akurei)

第5試合 シュートボクシングルール -53kg契約 2分3R(延長2R)
 ○高橋藍(シーザージム)
 (3R1:19/TKO)
 ×エミNFC(ナゴヤファイトクラブ)

第4試合 JEWELS公式ルール -63kg契約 5分2R
 ○超弁慶(ガムランナック)
 (1R4:34/腕ひしぎ十字固め)
 ×エスイ(スマッシュ小路道場)

第3試合 JEWELS公式ルール -48kg契約 5分2R
 ○関友紀子(Fight Chix)
 (2R0:50/チョークスリーパー)
 × MIYOKO(GRABAKAジム)

第2試合 JEWELS 公式ルール -52kg契約 5分2R
 ○アミバ(DEEP OFFICIALGYM IMPACT)
 (2R2:27/腕ひしぎ十字固め)
 ×深岬パトラ(空手道禅道会松本支部)

第1試合 JEWELS公式ルール -56kg契約 5分2R
 ×HARUMI(BLUE DOG GYM)
 (1R1:08/腕ひしぎ十字固め)
 ○村田恵美(AACC)

ジュエルス ライト級GP2010

| コメント(0) | トラックバック(0)

当日券は17時よりB席以外の各席種を若干枚発売

◆ジュエルス
2010年7月31日(土) 新宿FACE、 Tokyo
「ジュエルス ライト級GP2010~ジュエルス初代ライト級女王決定トーナメント開幕戦~」
OPEN 17:30 / START 18:15

2010.7.30%20101a.jpg

会見の模様は以下に寄稿いたしました。
http://gbring.com/sokuho/news/2010_07/0730_jewels.htm(GBR)

「ここは通過点としか見ていない」能村さくら

「力の差を見せておかなければいけないと思ってます」石岡沙織

全対戦カード↓

| コメント(0) | トラックバック(0)

◆シュートボクシング
2010年8月29日(日) グランドプリンス赤坂、 Tokyo
「SHOOT BOXING WORLD TOURNAMENT 『Girls S-cup2010』」 OPEN 14:00 / START 15:00

Girls S-cup2010
※会見の詳細は後日に掲載

第1試合 Girl's S-cup2010 1回戦
 RENA(日本/及川道場/Girls S-cup2009王者)
 渡辺久江(日本/BLUE DOG GYM/DEEP女子ライト級初代王者)

第2試合 Girl's S-cup2010 1回戦
 サーサー・ソーアリー(タイ/ソーアリージム/WPMF世界女子フライ級王者)
 ケイト・マルティネス(アメリカ/ホイス・グレイシー柔術アカデミーコロラド/IKF世界フライ級王者)

第3試合 Girl's S-cup2010 1回戦
 V一(日本/MAX柔術アカデミー&ヨガスタジオ/VALKYRIEライト級王者)
 サマンタ・ヴァンドール(オランダ/TEAM SOUWER/IPMF欧州フライ級王者)

第4試合 Girl's S-cup2010 1回戦
 クリスティーナ・ジャルジェビック(オーストラリア/JABOUT/MAF女子トーナメント王者)
 高橋藍(日本/シーザージム/SB日本レディース3位)

2010.7.26%20065a.jpg

2010.7.26%20060a.jpg

2010.7.26%20055a.jpg

2010.7.26%20051a.jpg

| コメント(0) | トラックバック(0)

◆J-NETWORK
2010年7月25日(日) 新宿FACE、 Tokyo
「J-GIRLS Catch The stone〜9」 OPEN 17:00 / START 17:30

今大会ではJ-GIRLSミニフライ級・フェザー級・バンタム級の三大タイトルマッチが行われた他、15才以下のファイターを対象とした新トーナメント「J-GIRLS U-15ミニフライ級王座決定戦」また40才前後のファイターを対象としたトーナメント「J-GIRLSアラフォートーナメント2010(マキシマムクラス)」など、年齢層も試合もかなりアツい内容で行われた。

メインイベント
第13試合 J-GIRLSミニフライ級タイトルマッチ 2分5R(延長1R)
 ○神村エリカ(王者/TARGET)
 (判定3-0)※50-48/49-48/50-49
 ×安倍基江(挑戦者/アカデミア・アーザ/World Queen Tournament 2009 準優勝)
※神村がJ-GIRLSミニフライ級王座防衛

2010.7.25%201347a.jpg 2010.7.25%201396a.jpg
三大タイトルマッチの中でメインイベントとして抜擢された『J-GIRLSミニフライ級タイトルマッチ』。
王者・神村エリカ(TARGET)に唯一の黒星をつけた安倍基江(アカデミア・アーザ/World Queen Tournament 2009 準優勝)を挑戦者に迎え行われたこの一戦は大方の予想通り、1Rから感情むき出しの乱打戦に。

2010.7.25%201411a.jpg 2010.7.25%201419a.jpg
攻撃の一発一発に重みがあるのは神村だが、安倍は全く倒れる気配を見せず、自分の距離をとる。
両者全く攻撃の手を休めぬまま、5R戦い抜いて勝敗は判定へ。
ジャッジ3名とも神村を支持し神村が初防衛に成功するも、納得のいかない表情の王者。

2010.7.25%201449a.jpg
試合前にイメージしていた“自分中心”の試合運びが出来なかったためか、控え室に戻ると「最悪の気分。
親に『やめろ』と言われそうで怖い」と漏らした。
が、その一方で「今後の目標は“世界征服”」と大いなる野望も。
17才王者の更なる飛躍に期待したい。


セミファイナル
第12試合 J-GIRLSフェザー級王座決定戦 2分5R(延長1R)
 ○大石綾乃(OISHI GYM/J-GIRLSフェザー級1位)
 (判定2-0)※49-48/49-48/49-49
 ×桜朋梨恵(チーム・ティーラ/J-GIRLSフェザー級3位)
※大石がJ-GIRLSフェザー級新チャンピオン

2010.7.25%201211a.jpg 2010.7.25%201243a.jpg
セミファイナルは『J-GIRLSフェザー級王座決定戦』。
フェザー級初代王者・佐々木仁子(チームドラゴン)のベルト返上を受け、トーナメントを勝ち上がってきた“ジム会長の娘”大石綾乃(OISHI GYM/J-GIRLSフェザー級1位)と“美人キックボクサー”桜朋梨恵(チーム・ティーラ/J-GIRLSフェザー級3位)で争われた王座争奪戦。
桜朋の攻撃に動じることなくひたすら圧力をかけてくる大石。
桜朋がバックハンドブローを繰り出し場内を沸かすも、大石の攻撃の上手さも光り、結果は判定2-0、
大石がJ-GIRLSフェザー級新チャンピオンとなった。

2010.7.25%201316a.jpg
先日J-NETWORKスーパーライト級王者となった弟の駿介に次ぐ二本目のベルトを手にした大石綾乃。
父・大石会長に対する最大の親孝行をし、「今後はチャンピオンらしい戦いをし、一目置かれるような強い選手になりたい」と語った。

| コメント(0) | トラックバック(0)

当日券は立見3,000円

◆J-NETWORK
2010年7月25日(日) 新宿FACE、 Tokyo
「J-GIRLS Catch The stone~9」 OPEN 17:00 / START 17:30

メインイベント
第13試合 J-GIRLSミニフライ級タイトルマッチ 2分5R(延長1R)
 神村エリカ(王者/TARGET)
 安倍基江(挑戦者/アカデミア・アーザ/World Queen Tournament 2009 準優勝)

神村「メインにあった、チャンピオンらしい試合をしますんで、よろしくお願いします」
安倍「下手な計算をしないで、全力で向かっていきます」

セミファイナル
第12試合 J-GIRLSフェザー級王座決定戦 2分5R(延長1R)
 大石綾乃(OISHI GYM/J-GIRLSフェザー級1位)
 桜朋梨恵(チーム・ティーラ/J-GIRLSフェザー級3位)

大石「OISHI GYMのプロ2本目のベルトは、やはり娘の私が勝ち取ります!!」
桜朋「(試合前に発言するのも変な話ですが)キックボクサーになって良かったです。このリングに上がるために支えて下さった皆様へ、力を貸して下さった全ての方へ、恩返しがしたいです」

桜朋梨恵インタビュー

第11試合 J-GIRLSバンタム級タイトルマッチ 2分5R(延長1R)             
 水野志保(王者/名古屋JKF)
 陣内まどか(挑戦者/Black PUG/J-GIRLSバンタム級1位)

水野「勝つのみです!」
陣内「最終ラウンドまで全力でやって、勝ちたいと思います」

| コメント(0) | トラックバック(0)

SRS席も完売!

◆J-NETWORK
2010年7月25日(日) 新宿FACE、 Tokyo
「J-GIRLS Catch The stone~9」 OPEN 17:00 / START 17:30

メインイベント
第13試合 J-GIRLSミニフライ級タイトルマッチ 2分5R(延長1R)
 神村エリカ(王者/TARGET)
 安倍基江(挑戦者/アカデミア・アーザ/World Queen Tournament 2009 準優勝)

7.25「J-GIRLS Catch The stone~9」でミニフライ級タイトルマッチが行われる。
約一年前の同級タイトルマッチは当時の王者・田嶋はる(アクティブJ)と無敗同士で対戦し、王座奪還に成功した神村エリカ(TARGET)。
そして、その神村に唯一の黒星をつけたのが今回の挑戦者・安倍基江(アカデミア・アーザ)である。

昨年12月20日ディファ有明で行われた『World Queen Tournament 2009』準決勝戦にて初対戦した二人は、安倍がダウンを奪って判定3-0で勝利して、神村の無敗記録をストップさせた。
当時16才の王者は号泣し、リングをあとにした。

あれから7ヶ月、今回の再戦で王者が挑戦者にリベンジ、初防衛成功なるか?
はたまた挑戦者が2つめの黒星を置き土産に、ベルトをさらっていくのか?

大注目のタイトルマッチを控え、神村・安倍両選手の意気込みが主催者より届いた。

Abe_0127a.jpg
神村エリカ(左)、安倍基江(右)

| コメント(0) | トラックバック(0)

◆J-NETWORK
2010年7月25日(日) 新宿FACE、 Tokyo
「J-GIRLS Catch The stone~9」 OPEN 17:00 / START 17:30

セミファイナル
第12試合 J-GIRLSフェザー級王座決定戦 2分5R(延長1R)
 大石綾乃(OISHI GYM/J-GIRLSフェザー級1位)
 桜朋梨恵(チーム・ティーラ/J-GIRLSフェザー級3位)

7.25「J-GIRLS Catch The stone~9」でフェザー級王座決定戦が行われる。
フェザー級初代王者・佐々木仁子(チームドラゴン)のベルト返上を受け、トーナメントを勝ち上がってきたのは大石綾乃と桜朋梨恵。

大石はその名の通り、所属ジム会長の娘。
先日J-NETWORKスーパーライト級王者となった大石駿介を弟に持ち、K-1甲子園で活躍する野杁正明や日下部竜也もこのOISHI GYMに所属している。
恵まれた環境の下、空手界でも輝かしい実績を挙げ、兼ねてからチャンピオン候補と目されている。

対する桜朋は4月の今トーナメントにて初参戦。
“美人キックボクサー”と称され一気に大ブレイクし、方々から取材が殺到している。
普段は大手企業の受付嬢をしている異色のファイターだ。

その二人のコメントが主催者より届いた。

2010.5.16%20014a.jpg
大石綾乃(左)、桜朋梨恵(右)

| コメント(0) | トラックバック(0)

◆J-NETWORK
2010年8月1日(日)  ゴールドジムサウス東京アネックス(大森)、 Tokyo
「J-FIGHT 35 ~フォルティス渋谷祭~」 OPEN 16:15 / START 17:00

第8試合 48kg契約 2分3R
 大島つばき(フォルテス渋谷/J-GIRLSミニフライ級4位)
 708(なおみ/空修会館)

第3試合 49kg契約 2分3R
 若見真紀子(フォルティス渋谷)
 徳山久美子(隆拳塾)

第1試合 アマチュアBリーグ 57kg契約
 小野山陽子(フォルティス渋谷)
 水村春香(アストラルジャパン)


■チケット
 RS席 ¥5,000 / S席 ¥4,000 / A席 ¥3,500 / 立見 ¥3,000
※当日券は500円UP

| コメント(0) | トラックバック(0)

◆ジュエルス
2010年7月31日(土) 新宿FACE、 Tokyo
「ジュエルス ライト級GP2010~ジュエルス初代ライト級女王決定トーナメント開幕戦~」
OPEN 17:30 / START 18:15
※オープニングファイト18:00 開始予定

7.31より開幕する『ジュエルス ライト級GP2010』の最後の一枠に、韓国のイ・ハンソルのエントリーが決定した。
イ・ハンソルはDREAMやDEEPで活躍中のパーキーと同門で、韓国国内の柔術大会やキックボクシング大会で優勝経験を持つ21歳の新鋭。
男子の総合格闘技で猛威を振るっているコリアンパワーが、ジュエルスのリングも飲み込むのか?

またワンマッチも新たに2試合が決定している。

※追加カード

シュートボクシングルール -53kg契約 2分3R(延長2R)
 高橋藍(シーザージム)
 エミNFC(ナゴヤファイトクラブ)

JEWELS公式ルール -56kg契約 5分2R
 HARUMI(BLUE DOG GYM)
 村田恵美(AACC)

| コメント(0) | トラックバック(0)

◆DRAGON GYM
2010年7月18日(日) ZEPP SENDAI、 Miyagi
「BREATHLESS MUAYTHAI 6」

セミファイナル
第11試合 スペシャルエキシビジョンマッチ 2分2R
 村上リエ(DRAGON/J-GIRLSライト級王者/WPMO世界女子ライト級王者)
 (エキシのため勝敗なし)
 佐々木仁子(チームドラゴン/初代J-GIRLSフェザー級王者)

第8試合 52kg契約 3分3R
 ○MITSUKI(DRAGON/J-GIRLSフライ級5位)
 (判定2-0)※30-28、30-29、30-30
 ×カノム・シッソー(フリー)

第7試合 64kg契約 3分3R
 ○モニカ(DRAGON)
 (判定3-0)※30-27/30-27/29-26
 ×小澤聡子(チームドラゴン/J-GIRLSフェザー級6位)

第5試合 エキシビジョンマッチ 2分2R
 田嶋はる(アクティブJ/J-GIRLS第2代ミニフライ級王者)
 (エキシのため勝敗なし)
 室永真央(晴山塾/J-GIRLS Jr50kg級2位)

| コメント(0) | トラックバック(0)

◆レベルス
2010年7月19日(月/祝) ディファ有明、 Tokyo
「REBELS.3」

第12試合
WPMF日本女子ミニマム級王者決定戦 2分5回戦
 △Little Tiger(F・TEAM TIGER/J-GIRLSアトム級王者)
 (判定1-1ドロー)※49-49/50-49/48-49
 △渡辺久江(BLUE DOG GYM/元インターナショナル女子ムエタイライトフライ級王者、元DEEP女子ライト級王者)

2010.7.19%201021a.jpg
王者決定戦は判定の結果三者三様のドローとなり、ベルトはWPMF預かりとなった。


第9試合 スペシャルアマチュアマッチ 2分2回戦
 ○飯田なお(新宿レフティ)
 (判定3-0)※20-19/20-19/20-18
 ×田村由美子(ストラッグル)

飯田なおvs.田村由美子

| コメント(0) | トラックバック(0)

◆REBELS-EX
2010年7月19日(月・祝) ディファ有明、 Tokyo

第5試合
青紫帯55キロ契約 6分1R
 ○湯浅麗歌子(ポゴナ・クラブジム)
 (ポイント5-0)
 ×芝本さおり(トライフォース柔術アカデミー)

2010.7.19%20052a.jpg
湯浅が引き込みから三角、そのままの体勢からスイープして2ポイントを獲得すると、終盤にはパスも成功させて合計ポイント5-0で勝利。

2010.7.19%20094a.jpg

2010.7.19%20113a.jpg

| コメント(0) | トラックバック(0)

◆レベルス
2010年7月19日(月/祝) ディファ有明、 Tokyo
「REBELS.3」 OPEN 15:00 / START 16:00(予定)

第12試合
WPMF日本女子ミニマム級王者決定戦 2分5回戦
 Little Tiger(F・TEAM TIGER/J-GIRLSアトム級王者)
 渡辺久江(BLUE DOG GYM/元インターナショナル女子ムエタイライトフライ級王者、元DEEP女子ライト級王者)

| コメント(0) | トラックバック(0)

◆レベルス
2010年7月19日(月/祝) ディファ有明、 Tokyo
「REBELS.3」 OPEN 15:00 / START 16:00(予定)

7.19「REBELS.3」にてLittle Tigerと渡辺久江のWPMF日本女子ミニマム級王者決定戦が行われるが、その大会で女子のスペシャルアマチュアマッチが決定した。

第9試合 スペシャルアマチュアマッチ 2分2回戦
 飯田なお(新宿レフティ)
 田村由美子(ストラッグル)

tanurayumiko-1-500a.jpg
飯田なお(左)、田村由美子(右)

| コメント(0) | トラックバック(0)

◆J-NETWORK
2010年7月25日(日) 新宿FACE、 Tokyo
「J-GIRLS Catch The stone~9」 OPEN 17:00 / START 17:30

第11試合 J-GIRLSバンタム級タイトルマッチ 2分5R(延長1R)             
 水野志保(王者/名古屋JKF)
 陣内まどか(挑戦者/Black PUG/J-GIRLSバンタム級4位)

7.25「J-GIRLS Catch The stone~9」のバンタム級タイトルマッチに挑む王者・水野志保と陣内まどかのコメントが主催者より届いた。

mizuno_7a.jpg
水野志保(左)、陣内まどか(右)

| コメント(0) | トラックバック(0)

◆J-GIRLS
2010年9月20日(月・祝) 新宿FACE、 Tokyo
「J-GIRLS Catch The stone~10」

今年も「J-GIRLS Japan Queen Tournament 2010」の開催が決定した。

昨年の「Japan Queen Tournament 2009」は7名が参加して、田中佑季(青春塾)、林田昌子(藤原ジム)、紅絹(フォルティス渋谷)ら実力者が揃ったが、見事に勝ち上がったのは新鋭・安倍基江(アカデミア・アーザ)。
その安倍は「World Queen Tournament 2009」の出場権を得ると、大躍進を果たし準優勝に輝いている。

その日本トーナメントが今年も9月に開催され、それに伴い「日本の頂点に立つ女」を大募集する。
トーナメントで勝ち上がった選手は、12月に行われる国際大会に参戦する権利を得られるとの事。

トーナメント詳細、募集要項は以下の通り。

| コメント(0) | トラックバック(0)

◆J-NETWORK
2010年7月25日(日) 新宿FACE、 Tokyo
「J-GIRLS Catch The stone~9」 OPEN 17:00 / START 17:30

※追加カード

第9試合 J-GIRLSバンタム級契約
 NANA☆SE(KING EXCEED/J-GIRLSバンタム級4位) 
 林美久(バンゲリングベイ・スピリット) ※初参戦

第8試合 54kg以下契約
 藤野恵実(和術慧舟會GODS) ※初参戦
 魅津希(空手道白心会) 井上瑞樹から改名 ※デビュー戦

第1試合 J-GIRLSバンタム級契約
 rak(KING EXCEED) ※デビュー戦
 舞獅(まい)(レグルス池袋) 鳥崎舞から改名 ※デビュー戦

inoue_MG_7961a.jpg
藤野恵実(左)、井上瑞樹(右)

MMA選手の藤野恵実がJ-GIRLSに殴りこみ。
2004年のデビューから怒涛の8連勝を成し遂げ、現在は女子総合格闘技「ヴァルキリー」で活躍中。
昨年11月にはシュートボクシングにて、あのRENA(及川道場/Girls S-cup王者)とも対戦している。
その藤野と対戦するのは、今回がデビュー戦となる井上瑞樹。
空手の大会において数多の優勝経験を誇る15才の天才少女である。

そのほかにも2試合が追加され、これで全対戦カードと試合順が確定した。
hayashi_MG_1649a.jpg
NANA☆SE(左)、林美久(右)

rak_KINGa.jpg
rak

shimazaki_8550000a.jpg
鳥崎舞

またチケットのRS席、S席が完売している。

| コメント(0) | トラックバック(0)

◆ジュエルス
2010年7月31日(土) 新宿FACE、 Tokyo
「ジュエルス ライト級GP2010~ジュエルス初代ライト級女王決定トーナメント開幕戦~」
OPEN 17:30 / START 18:15
※オープニングファイト18:00 開始予定

※追加カード

シュートボクシングルール -62kg契約 2分3R延長1R
 杉山しずか(空手道禅道会横浜支部)
 エスイ(スマッシュ小路道場)

SBルールでのワンマッチが決定していた杉山しずか、その対戦相手にモンゴル出身の元女子プロレスラーのエスイになったことが発表された。
エスイは現在はプロレス団体SMASHに所属しており、今回は格闘家として再出発することになる。

そのほかにもジュエルスルールでの二試合が追加された。

JEWELS公式ルール -48kg契約
 関由紀子(Fight Chicks)
 MIYOKO(GRABAKAジム)

JEWELS公式ルール -52kg契約
 アミバ(DEEP OFFICIAL GYM IMPACT)
 深岬パトラ(空手道禅道会松本支部)

| コメント(0) | トラックバック(0)

◆REBELS-EX
2010年7月19日(月・祝) ディファ有明、 Tokyo
OPEN 10:00 / START 10:30 ※10:15よりオープニングファイト

第5試合
青紫帯55キロ契約 6分1R 
 湯浅麗歌子(ポゴナ・クラブジム)
 芝本さおり(トライフォース柔術アカデミー)

元・スーパー女子高生の湯浅麗歌子が柔術イベント「REBELS-EX」に参戦。
6月にブラジリアン柔術世界選手権・ムンジアルに出場すると、二つの一本勝ちでベスト8入りするなど成長を続けている。

そんな湯浅と対戦するのは、トライフォース柔術アカデミー所属している芝本さおり。
今年の全日本では青帯プルーマ級を制している柔術家。

そのほかの対戦カードはこちら(ブラジルブログ)


■チケット
 SRS席 \12,000 / RS 席\10,000 / S席 \7,000 / A席 \5,000
※当日券は全て\500増しとなります。

※全試合終了後ムエタイイベント「REBELS」より数試合が行われますが、こちらも観戦可能となっております。

■お問い合わせ
 クロスポイント吉祥寺 TEL 0422(21)0611

| コメント(0) | トラックバック(0)

◆E.M.A PROMOTION
2010年6月20日(日) デグプリンスホテル、 KOREA
『J-GIRLS KOREA』
試合開始(オープニングゲーム2試合予定)15:00~ (本試合8試合予定)15:30~

50kg契約 2分3R延長1R
 ×ホ・ソンボク(EMA/世界キックボクシング連盟50kg韓国王者)
 (3R0:43/TKO)
 ○田嶋はる(アクティブJ/第2代J-GIRLSミニフライ級王者)

今年3月に発足した『J-GIRLS KOREA』が6月20日(日)韓国・デグプリンスホテルにて大会が開催され、J-GIRLSで活躍している田嶋はる(アクティブJ/第2代J- GIRLSミニフライ級王者)が遠征して、約5ヶ月ぶりの復帰戦に臨んだ。

Haru Tajima

田嶋はる

J-GIRLS KOREA

試合は田嶋ペースで進むと、3R43秒にソンボクの負傷により田嶋がTKO勝ちをおさめた。


「田嶋はるOfficial Blog」韓国遠征記→韓国1

| コメント(0) | トラックバック(0)

◆NJKF
2010年8月1日(日) 後楽園ホール、 Tokyo
「熱風 零七 ~桜井洋平FINAL~」

BONITA BOXEO アトム級 3分3R
 ちはる(第2代M-1ミニフライ級王者/ウィラサクレック・フェアテックス)
 山田純琴(NJKF BONITA BOXEOアトム級1位/y-park)

100801poster.jpg
ちはるは3月にM-1王座を獲得しており、今回は王者としての他団体に乗り込む。
対戦相手の山田は3月に王座獲得に失敗、6月にシュートボクシングで渡辺久江と対戦するも敗れて勝ち星から見放されているが、この試合で再起を賭ける。

| コメント(0) | トラックバック(0)

絶賛発売中!
fl19web.jpg
※雑誌はAmazonでも購入可能です!

今回の女子格闘技の記事は↓

■格闘ジャンヌダルクの空白と再起
渡辺久江「包丁を持ち出したこともあった」

■“女流・軍鶏”襲名
高橋藍のこだわりは「美技」

■ユース期待の新星は天然系!?
将口恵美×加藤小也香

■湯浅麗歌子 in U.S.A.
くまとムンジアルと柔術と

■藤井惠、WINDY智美、三浦広光
写真とレポートで見る海外遠征記

「勝利への近道は、海外でピリピリしないこと。リラックスが大事!」

■大好評につき、あの企画が帰ってきた!
この本が格闘技のプラスになった
Fight&Life的、読書のススメ
 田嶋はる、V一が登場

その他の詳細はこちら

| コメント(0) | トラックバック(0)

◆GLADIATOR
2010年6月27日 神戸サンボーホール、 Hyougo
「GLADIATOR 07」 OPEN 15:30 / START 16:00

CMA KPW女子キックライト級タイトルマッチ 3分2R
 ○ハム・ソヒ(王者/CMA KOREA)
 (判定3-0)
 × ASAKO(U-FILE CAMP 岐阜)


ハム・ソヒは7.31よりスタートする「ジュエルス ライト級GP2010」に参戦が決定している。

| コメント(0) | トラックバック(0)

PROFILE

akira

フリーのライター&カメラマン

過去の記事は↓
http://joshikaku.jugem.cc/

お仕事は↓
giantcorn3939◆yahoo.co.jp
(◆→@)


■「gravity - 女子格闘技ニュース」
携帯版
http://kakutoh.com/pc/blog/gravity/m/
QRcode.JPG

2012年10月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

女子選手ブログ(更新順)

bana-ledis.gif

▲PAGE TOP